アナウンサーブログ

海街リポート#20

2021.11.24 Wed


震災の記憶を未来に伝えるプラス1いわての特集「海街リポート」は、20回目を迎えました。
これまでは当時を良く知る“大人”に取材することが多かったのですが、
今回は陸前高田市の“中学生”です。


震災当時は4歳で、現在中学3年生の彼は、津波で大切な存在を失いました。
その悲しみを受け止めながらも、地域の後輩である小学生に「記憶のバトン」を繋ごうと
同級生と一緒に「震災の紙芝居」を作りました。

中学生の活動、本当にすごいです!
「地域の未来を自分たちで作っていくんだ」という強い意志が感じられました。
みんなが被災地の宝です。あす25日(木)の放送を、ぜひご覧ください。

地域の希望

2021.11.17 Wed

 先日、取材ではなく「講話」のため、陸前高田市の高田小学校に行ってきました。

 高田小学校では、記憶の風化を防ぐために、震災学習に力を入れています。
その学習を継続して取材している縁があり「震災に関する講話」の依頼を受けました。

講話の対象は、震災の時に赤ちゃんだった5年生です。何から話そう…数ヶ月、とても悩みました。
災害時の情報の集め方など「いのちを守る」ために必要なことをお話しした後、
ある映像を観てもらうことにしました。


それは、震災の直後、宮古市の中学生が、がれきで車が通れなくなった山道を登り、
お年寄りに食事を届けた様子や、大船渡市の中学生が、避難所の情報を集めた新聞を作り、
被災者を元気づけた映像です。
私自身も、その当時に感じた「地域を明るく照らす、子どもの力」を知ってほしいと思いました。

講話の後、児童から
「もし災害が起きたら、ぼくたちも周りの人を助けたいし、その力があると思った」と、
感想をもらいました。想像していたよりもずっと、みんな頼もしい!
自分のことだけでなく周りの人を大切に思う、子どもたちの優しい気持ちに触れて、
思わず目頭が熱くなりました。

この子たちが「地域の希望だな…」と、改めて感じた時間でした。

最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
海が見えなくなった喫茶店 (2022.11.24)
月次アーカイブ
TOP