アナウンサーブログ

10/30放送「国内最高齢シロサイ」

2020.10.29 Thu
 みなさんは「動物福祉」という言葉をご存じですか?
動物が精神的にも肉体的にも、十分健康で幸せであることを言います。

 盛岡市動物公園には、国内最高齢のシロサイで、メスの「サイカ」がいます。
推定年齢は45歳、人間で言うと80~90歳くらいのおばあちゃんだそうですが、
体重は2トン!その堂々とした「いで立ち」と「迫力」に驚きました。
それもそのはず、毎日およそ30キロの干し草をもりもり食べ、食欲は衰え知らずだそうです。
しかし、寄る年波で、ある症状に悩まされています。
 盛岡市動物公園では、サイカをはじめ動物たちの健康を守るために
「動物福祉」の取り組みを進めています。
獣医や飼育員たちの奮闘を取材しました。あす30日(金)のプラス1です。

10/29放送「海街リポート」

2020.10.28 Wed
 震災から10年目の被災地で、私がいま気になる人を取材しているプラス1のコーナー「海街リポート」。
今回は、東京から陸前高田市広田町に移住した26歳の野尻悠(はるか)さんを紹介します。

 このコーナーの取材に向けて調べ物をしていた時に、陸前高田で数年前から移住定住を促進していることを知りました。
そこで、実際に遠方から移住をした人に、どうして移住したのか、どんな暮らしをしているのか聞いてみたいと思ったんです。
 野尻さんは2年前、広田町で唯一のカフェをオープンさせました。このカフェが、本当に素敵なんです。
なんと窓から広田湾が一望できるんですよ!開業に至るまでには、大変なご苦労があったそうです。


 東京から縁もゆかりもない岩手の海の街に移住したわけや、カフェを開いた思いをお伝えします。あす29日(木)のプラス1です。

「とっくり」デビュー

2020.10.19 Mon
ついにこの秋も「とっくり」デビューしました!
 
もう少し寒くなってから…思っていたのですが、髪が短いため首回りがスースーしてきたので、この秋購入したグレーのとっくりをおろしました。
 
この文章を自然に受け入れられる方は、私と同世代か、それより上の世代の方でしょうか。首周りをすっぽり覆ってくれるニットのことを、今では「タートルネック」と言うのが主流ですよね。母や祖母が「とっくり」と言っていたので、私は今でも「そろそろ寒いしとっくり着ようかな~」などと使っています。周りがポカンとすると、少し寂しいような。

洋服はもっぱらインターネット購入なのですが、秋冬のセーターを検索していると、片方だけ肩が出るものだったり、襟ぐりが大きくあいているものだったり「寒そうだな~」と思うものを多く見かけるような気がします。「おしゃれは我慢」ということでしょうか…。

私は寒さを我慢できそうにないので、とっくりで秋冬をぬくぬくと乗り越えたいと思っています。この先の難問は、いつダウンジャケットを着るかです。
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
不屈のラーメン店 (2022.06.22)
月次アーカイブ
TOP