アナウンサーブログ

2020.05.21(木)

2020.05.21 Thu
 震災10年目の被災地の今を取材する、プラス1の月に1度のシリーズ「海街(うみまち)リポート」。2回目となる今月は、海の街の小さなお菓子屋さんを取材してきました。  120年以上前の明治時代から、陸前高田市中心部にあるその店は、9年前のあの日、商店街ごと津波で流されました。5代目店主の男性は、大切な家族や友人を失い、深い悲しみの中で、一時は廃業を考えたといいます。それでも、2年前にようやく、かさ上げされた新しい街の中心に本設の店をオープンしました。
  こちらは店の看板商品、マドレーヌです。しっとりした食感に、優しい甘さとバターの豊かな風味が広がり、ファンも多いんです。震災後に「忘れえぬマドレーヌ」と名付けられました。その名前に込めたのは、かつての街や、今は亡き大切な人への「ある思い」でした。 新型コロナウイルスによる影響は、この店にも容赦なく経済的な打撃を与えていますが、この春、嬉しい変化もありました。仙台のケーキ屋で修業を積んだ長男が、跡継ぎになるために帰ってきたのです。  放送は、前編が22日(金)、後編が29日(金)のプラス1です。ぜひご覧ください。

2020.05.08(金)

2020.05.08 Fri
ことしのゴールデンウィークは、帰省や旅行をせずに家で過ごした方がほとんどでしょうね。私も出かけたのは、食料品の買い出しだけです。その時、スーパーで「あるもの」を見つけて嬉しくなりました。それがこちら!
遠くから見ると…ホヤ?いえいえ、こちらは果物です。1個300円で販売されていました。メキシコや中南米が原産のサボテンの果実「ドラゴンフルーツ」です。「龍のウロコ」のように見えるので、その名がついたとか。切るとこうなります!
食べられる部分は、濃いピンク色の皮の内側。派手な見た目からは想像できない、控えめな白色です。 私が初めて見たのは、ベトナムに旅行をした時のホテルの朝食ビュッフェだったのですが、その時は「黒ゴマが入ったお餅かな…」と本気で思って皿に盛りました。いざ食べてみてびっくり。とってもみずみずしいんです。そして酸味がなく、優しい甘さが口いっぱいに広がります。日本の果物で例えられるような味はないです。 連休中は、ソファと同化しそうなほどゴロゴロしていた私ですが、珍しい味覚が食事の時間を楽しくしてくれました。
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
不屈のラーメン店 (2022.06.22)
月次アーカイブ
TOP