アナウンサーブログ

2018.11.23(金)

2018.11.23 Fri
 プラス1で木・金キャスターを担当している江口アミです。放送までの時間は、自分が記者となり、カメラマンと2人で県内各地へ取材に出かけています。  先日は、盛岡市内の小学校で開かれた「お米フェスティバル」の取材へ。毎年5年生は農業の大切さを知るために、もち米の田植えから収穫までを授業で行っています。この日は収穫を祝い、餅つきをして、餅を美味しく食べる日です。毎年恒例の行事ですが、ことしは特別なできごとがありました。  子どもたちにボランティアで米作りを教えているのは、地元で農業を営む70代の女性。お米の大切さなどを伝えようと、なんと30代から丸40年も続けてきました。「ごはんは残さずたべんのさ」「できねぇって言わねぇで、やってみんのさ」と、いつも元気に子どもたちを見守ってきました。卒業生みんなが知る“田んぼの先生”ですが、病気で入院したことなどをきっかけに、この日で引退することになったのです。  子どもたちは40年分の感謝をこめて、劇や感謝の言葉、歌を贈りました。歌ったのは、合唱曲「変わらないもの」。“君と出会った幸せを かみしめながら 歩いていこう 一年先も 十年先も これからも ずっと“ と、先生に教わったことはずっと忘れないよ、そんな思いを込めて、子どもたちがまっすぐな目で歌いました。それまで笑顔いっぱいで振舞っていた“田んぼの先生”ですが、両手で顔を覆い、ポロポロと溢れる涙をぬぐいました。感謝の思いが届き、40年の思い出がよみがえったのでしょうか。こちらまで温かい気持ちになる時間でした。  40年という時間は、とても長いですよね。最初に教えていた子どもは、もう50代で、今でも声をかけられることが嬉しいそうです。長く続けることは、とても大変なことですが、成し遂げた人生の先輩の姿を見ると、ただただ尊敬です。そんな“田んぼの先生”と子どもたちが作ったもち米が変身した美味しいあんこ餅やきな粉餅を、取材に来てくれたみなさんもどうぞと、いただきました。それはもう味わって、しっかりとかみ締めて。美味しかったなぁ。

2018.11.07(水)

2018.11.07 Wed
今年の全国高校サッカー選手権岩手県大会は、遠野高校が6連覇を果たし、全国大会への切符を手にしました。おめでとうございます!初優勝を目指して挑んだ花巻東高校も、最後まで諦めないプレーを見せてくれました。感動をありがとうございます。 私は3年連続で、選手や監督の一番近い所から状況を伝えるベンチリポートを担当しました。選手を取材すると、一人一人がこの舞台にかける熱い思いを持っています。兄弟で全国を目指す人、昔からの盟友とライバルとして対戦する人、中には、選手としてサッカーをするのは、これが最後という集大成で臨む人もいます。それぞれの思いがぶつかり合う試合は、心揺さぶる感動があります。特に最近涙腺がゆるくなってきたので、白熱したプレーが目の前で繰り広げられると涙が出てきて大変です。 そして今年は、自分でも驚いたことが。選手の親御さんにお話を聞いている時のことです。「息子は小学生の時にも江口さんに取材されたんですよ」と。しかも何人もの方から言われました。そういえば、6年前、私は少年サッカーの県大会決勝でもベンチリポートを担当しました。その時の資料を探してみると…。確かに!小学校6年生の時の彼らの名前が。ある選手の取材メモには「1人でも果敢にゴールに向かう」という言葉が書いてありました。成長して高校3年生になった今は、顔つきも身長も体格も違いますが、プレースタイルは当時と全く変わっておらず、なんだか嬉しくなりました。私も入社8年目。当たり前ですが、これまでの出会いが今に繋がっていることを感じ、感慨深い出来事でした。 さて、高校サッカーは、今月19日に組み合わせ抽選会。12月30日全国選手権が始まります。どんなドラマが待っているのでしょうか。岩手の代表、遠野高校を応援しましょう!
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
不屈のラーメン店 (2022.06.22)
月次アーカイブ
TOP