アナウンサーブログ

メイドイン岩手!

2021.12.13 Mon
ずっと気になっていたダウンジャケットを取材することができました。
それは「メイドイン岩手」のダウンです。

全国でダウンジャケットを作る工場はおよそ10社しかありません。
その1つが宮古市にあります。
国内・海外のコレクションブランドのダウンを手掛ける縫製会社で、
コロナの影響で需要が減ったことから独自のブランドを立ち上げました。
その名も「ハヤチネメイド」。

新しいプロジェクトが「伝統工芸×ダウン」のコラボレーション。
一関市の京屋染物店の刺し子と、盛岡市の幸呼来Japanの裂き織が使われています。
深い藍色はとても美しく、内側には裂き織のポケットがついていて岩手の魅力が詰まったダウンジャケットです!
 
中には裂き織のポケット
中には裂き織のポケット
実際に試着させてもらうと、軽くてとにかく温かい!
撥水加工されている刺し子の生地は、凹凸がかわいらしくて他にないデザインです。
内側にはポケットが4つもついていて機能性も抜群。

さらに福島県の会津木綿や、沖縄のデニムなど全国各地の伝統工芸との
コラボダウンを製作中とのこと…。
このほか、県内には有名な「水沢ダウン」もあり、寒さの厳しい岩手から、
これからどんなダウンジャケットが生まれるのか楽しみです。
小林社長と
小林社長と
あったかいです♪
あったかいです♪
TOP