アナウンサーブログ

2020.02.25(火)

2020.02.25 Tue
きょうの5きげんテレビの中継で、わんこそばに挑戦しました。 挑戦と言っても時間はわずか30秒。30秒で21杯だったのですが、 単純計算5分間で210杯。 先日行われた花巻の元祖わんこそば全日本大会のチャンピオン(横綱)が5分間で246杯だったことを考えると、大会で優勝するためにはどれだけのスピードで食べなければならないのかと衝撃を受けました。 もちろんわんこそばは杯数を競うだけではありません。そばの美味しさはもちろん、薬味と合わせて、そばの風味を引き出すことも楽しみの一つ。久々のわんこそばの挑戦で改めて魅力に気づかされました。今度は放送ではなく個人的に挑戦したいと思います。
TOP