テレビ岩手開局50周年記念番組

これが日本最強のネタ 決定!三陸の極上寿司

2019年8月31日(土)10:30~11:25

日本テレビ系列28局ネット

出演

520

船越英一郎

520

井戸田潤
(スピードワゴン)

520

おのののか

520

福山康平

見どころ

世界三大漁場の一つ、三陸沖で獲れた新鮮な魚介類で作る極上の寿司!久慈市の海女が獲るウニや洋野町の南部もぐりダイバーが獲る天然ほや、気仙沼のフカヒレ、石巻のアナゴなど三陸が誇る最強のネタを手に入れ、“究極の寿司”を握る。それを食するのは船越英一郎。ドラマや映画の撮影で全国各地のうまいものを食べ尽くしてきた男の舌を果たして唸らせることが出来るのか…!?

ウニ

〔久慈市〕

北限の海女が素潜りで獲るウニ。おのののかも海女の格好をしてウニ獲りに挑戦!

アナゴ

〔石巻市〕

筒を海に投げ入れ、夜に獲るアナゴ漁。井戸田潤が漁船に乗り込み、漁を体験!

ほや

〔洋野町〕

潜水服を着た南部もぐりのダイバーが海中に潜って獲る貴重な天然ほや。漁船におのののかも乗り込む。

銀鮭

〔南三陸町〕

南三陸町は海のいけすで鮭を養殖するパイオニア。井戸田潤がいけすから水揚げし、生で試食する。

マンボウ

〔大船渡市〕

淡泊な白身で地元では酢味噌をつけるのが定番。船越英一郎が仲卸業者を訪ねて食べる。

フカヒレ

〔気仙沼市〕

福山康平がサメの水揚げ量日本一の街・気仙沼市を訪れてフカヒレを試食する。

その他

〔陸前高田市〕

エゾイシカゲ貝

〔花巻市〕

黒ぶだう牛

〔ロケ情報〕

1

おのののかさんが朝ドラで有名になった“北限の海女”の街、岩手県久慈市へ。
海女さん姿でウニの素潜り漁に挑戦する。
果たして、極上のウニをゲット出来るのか…!?

  • 海女姿になったおのさん
  • 素潜り漁に挑戦するおのさん

また、岩手県洋野町では海底のホヤを獲る“南部もぐり”の漁に同行。
ヘルメットを被り、海底40mに生息する
貴重な天然ホヤを獲る様子を目の当たりにする。

  • 南部もぐりと出会うおのさん
  • 南部もぐりの磯崎元勝さんと

おのののかさんコメント

ウニ獲りでは海女さんの格好を始めてさせてもらいテンションが上がりましたが、実際に海に入ると水の冷たさと海の深さに怖くなってしまい、海に入るのに時間がかかりました。
ホヤ獲りでは、私は潜りませんでしたが、船の上にいるだけでかなり酔ってしまいました。実際に潜っている磯崎さんはさらに大変で命がけでお仕事をしているんだなと感じました。
ホヤもウニも私たちの食卓に届くまで大変な苦労があるのだなと今回身をもって感じました。

〔ロケ情報〕

2

井戸田 潤さんが天然のアナゴを求めて宮城県石巻市へ。
沖へ出て筒を海に投げ込み、夜に引き上げる漁に同行する。
果たして、脂がたっぷりのった極上のアナゴをゲット出来るのか…!?

  • アナゴの刺身を食べる井戸田さん
  • アナゴ漁に同行する井戸田さん

また、南三陸町では銀鮭を養殖するいけすへ。
国内シェアの9割以上を占め、最高品質を誇る銀鮭の刺身をいただく。

  • 銀鮭のいけすを訪れる井戸田さん
  • 銀鮭の刺身を食べる井戸田さん

井戸田潤さんコメント

2日間のロケ両日 雨もってくれて良かったーー!
今回 三陸の方と触れて 漁に出て 本当にいろんな方にお世話になりました。どちらも美味し過ぎてビックリで最高でした。
東北の方はシャイなイメージだったのですが、イヤイヤ全然すぐ話しかけてくるし、もう食えないってくらい試食くれるし、笑顔が素敵であったかかったー! また遊びにきますね。 皆さんありがとうございました!

〔ロケ情報〕

3

福山康平さんが極上のフカヒレを求めて気仙沼へ。
さらに趣味の釣りを活かして海釣りに挑戦!大物ゲットなるか!?

  • 魚市場でサメを見る福山さん
  • カツオの刺身を食べる福山さん

福山康平さんコメント

釣好の僕が、悲願であった人生初の船釣りに挑戦!死闘でした! また、カツオ、フカヒレ、エゾイシカゲ貝など沢山の名産はどれも絶品!三陸の方々の愛情が込められていました。 三陸の魅力が詰まった番組です!お楽しみに!

〔ロケ情報〕

4

船越英一郎さんが大船渡市へ。
三陸で愛される夏の定番食材、マンボウを入手する。

  • 三陸の海を見つめる船越さん
  • マンボウを入手する船越さん

そして!

各自が持ち寄った新鮮なネタを岩手の女性寿司職人に握ってもらうことに。
井戸田さん、おのさん、福山さんは食材の素晴らしさを熱くプレゼンし、
船越さんがそれを踏まえて実食する。

  • 三陸の極上食材を目の前で握ってもらう
  • 握った寿司を食べる船越さん

全14種類の寿司を試食し、三陸の極上寿司1人前=10貫を選ぶ船越さん。
撮影で全国を回り、日本中の美味しいモノを食べ尽くした“食の帝王”の舌を唸らせ、
選ばれるのはどの寿司になるのか・・・!?

船越英一郎さんコメント

三陸はとにかく美味しいモノの宝庫です。魚介の究極の食べ方は寿司にする事と、ある漁師さんにお聞きしたことがあります。 厳選された10貫を食べに三陸を訪れたい! そう思って頂ければ嬉しいです。

ページの先頭へ