Guest Profile

作家 くどうれいん(俳句短歌は工藤玲音名義)

1994年岩手県生まれ。著書にエッセイ集『わたしを空腹にしないほうがいい』『虎のたましい人魚の涙』、絵本『あんまりすてきだったから』など。初の中編小説『氷柱の声』で第165回芥川賞候補に。現在講談社「群像」にてエッセイ「日日是目分量」、日本経済新聞夕刊「プロムナード」にて食エッセイ、小学館「本の窓」にて長編小説「オーバーオーバー」連載中。

著書一覧
  • エッセイ

    『わたしを空腹にしないほうがいい』(2018年/BOOKNERD)
    『うたうおばけ』(2020年/書肆侃侃房)
    『虎のたましい人魚の涙』(2022年/講談社)
    <連載>講談社「群像」にて「日日是目分量」
    <連載>日本経済新聞夕刊「プロムナード」にて食エッセイ
  • 短歌

    第一歌集『水中で口笛』(2021年/左右社)
  • 小説

    中編小説『氷柱の声』(2021年/講談社)▽第165回芥川賞候補作
    <連載>小学館「本の窓」にて長編小説『オーバーオーバー』
  • 児童向け書籍

    創作童話『プンスカジャム』(2021年/福音館書店)
    絵本『あんまりすてきだったから』(2022年/ほるぷ出版)