いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
花火

花火

2019年 制作
刺し子糸、フェルト
稲辺 利恵
稲辺 利恵
2019年ごろ、平日の午前中に少しずつ縫いました。
フエルトに刺し子糸で縫いました。
フエルトや刺し子糸を選ぶときは、ピンクや黄色を好んで選んでいました。
この作品は、あえて利恵さんが普段選ばない色を使って頂きました。「何を作ったの?」と尋ねたところ、「花火」と話されたので、題名を「花火」にしました。

コメント:静山園 酒井 成美
いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
かぼちゃさん

かぼちゃさん

2022年 制作
和紙・墨・花紙
小野寺 直美
小野寺 直美
テル子おばあちゃんがつくってくれるかぼちゃさん。
いつもおいしいよ。
ふでで大きくかきました。
かみをちぎってはりました。
かぼちゃさんができました。
おばあちゃん、いつもありがとう。

コメント:小野寺 直美
いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
あこがれのTOKYO

あこがれのTOKYO

2022年 制作
クレヨン・サインペン
佐々木 信悟
いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
夜の花火

夜の花火

2022年 制作
ペン・紙
草彅 陵太
草彅 陵太
テーブルに白い紙を広げ、「さぁ~頑張るぞ~!!」と一言。
まずは赤色からトントントン。。
それからはその日の気分で色を選んでトントントン。。
自然に明るい色と暗い色に分かれて、時にはあっさり、時には紙が破けそうになるまで、納得いくまでトントントン。。
さて今回はどんな感じの仕上がりかな。

コメント:草彅 悦子
いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
普代を走る三鉄の1ページ

普代を走る三鉄の1ページ

2022年 制作
色鉛筆
松家 圭輔
松家 圭輔
岩手県普代村出身。震災を機に絵を本格的に始める。
「三陸鉄道」「海」「山」が特に好きで、ハックの周りの自然と三陸鉄道を取り入れた絵を多く描く。
絵を描くことで、自分の感情をあらわにすることも。

※松家さんの作品は特集展にも展示しています。

コメント:ハックの家 岡崎 広夢
いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
五つの国

五つの国

2020年 制作
色鉛筆・モデリングペースト
大越 拓真
大越 拓真
彼のセンスは魅力的。
専門学校で学んだグラフィックデザインから今回の作品にある、手技も華麗に彩る。
二科展で毎年入賞しており今後飛躍する作家である。

コメント:盛岡杉生園 藤原 清史
いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
球体の街

球体の街

2021年 制作
紙・油彩
佐々木 美華
佐々木 美華
未来の街は昭和の世界と積み木を重ねる感じの世界観ではないかなと思って書きました。
古い明るい世界(上)と昭和の世界(下)を書きました。
もっと大きくて緻密な作品や可愛くて緻密な作品をこれからも書いていきます。

コメント:佐々木 美華
いわてアール・ブリュット、
多彩な作家たち。
海明大廈

海明大廈カーメルマンション

制作年不詳
及川 修
自分の心のゴミのようなものを取り出すように描いています。
今までに解体されて、失われた建物を一つにまとめるように。
ネットで検索して、スラムを見ました。自分は普通の生活がうまくいかなかったので、人の生活というものが壁のようにふさがって、その中に入れてもらえないような気持ちが表されているのかもしれません。「住居」というより「人間の巣」のように感じました。
ガウロンジャーイ。

※ガウロンジャーイ 広東語で九龍城のこと

コメント:及川 修