柴柳二郎の夢トーク

テレビ岩手の番組「夢トーク」は、毎回、いろいろな分野で活躍している岩手ゆかりの人に、柴柳二郎と久慈暁子が、その元気の秘密を聞きます。

第17回
「3.11 絵本プロジェクトいわて 代表 末盛千枝子さん」
2016年11月5日(土)  午前10時00分〜10時30分 放送

東日本大震災で被災した子供たちに絵本を届ける「3.11 絵本プロジェクトいわて」の代表を務める、末盛千枝子さんがゲスト。岩手出身の彫刻家、舟越保武の長女。絵本の編集者として活躍。後に「すえもりブックス」を立ち上げ、皇后美智子様が英訳された『どうぶつたち』や、皇后様の講演録など、話題作を次々に出版。国際児童図書評議会(IBBY)の国際理事を務める。自伝的エッセイ、『「私」を受け容れて生きる』を出版。困難や悲しみにまっすぐに向き合う姿勢や、これまでの活動などについてお話を聞く。

第16回
「チームの進化を支える 岩手ビッグブルズ社長 北舘洋一郎さん」
2016年10月8日(土)  午前10時00分〜10時30分 放送

盛岡市出身の北舘さんは、大学時代からファッションエディター、スポーツライターとして文藝春秋『Number』などの雑誌で執筆・編集活動をはじめ、1996年にはシカゴに渡り約5年間マイケル・ジョーダンを取材し著書を出版。NBA中継の解説や、セレクトショップの経営、ナイキとのコラボレーションでバスケットシューズを開発するなど、マルチな才能で活躍していました。今年8月に岩手ビッグブルズ代表取締役となり「岩手らしいチームをつくっていきたい。どうチームが進化していくか楽しみに見ていてほしい」と意気込む北舘さん。その構想や、ビッグブルズの「夢」について伺います。

第15回
「日本酒の魅力を伝える 南部美人 五代目蔵元 久慈浩介さん」
2016年9月17日(土)  午前10時00分〜10時30分 放送

二戸市の酒蔵、南部美人の五代目蔵元 久慈浩介さんがゲスト。高校時代に海外に留学。ホストファミリーの父親に「こんなすごい酒を造る家に生まれたなんて君はラッキー。君も日本酒を造りなさい」と言われ、日本酒の魅力に気付く。東京農大・醸造学科へ進み酒造りの道へ。以来、地元の米を使った旨い酒造りに励む。また、日本酒の美味しさを海外にも広めようと約20年前から活動。現在、28カ国へ輸出するという実績を誇る。酒蔵の蔵元としての熱意、日本酒の魅力を聞く。

第14回
「“世界”を見据えたヒットメーカー 映画監督 大友啓史さん」
2016年8月13日(土)  午後4時25分〜4時55分 放送

今年の8月に「秘密 THE TOP SECRET」が公開された、大友啓史さんがゲスト。盛岡一高から慶應義塾大学を経てNHKに入局し、「ハゲタカ」「白洲次郎」、大河ドラマ「龍馬伝」等の演出を務め、独立後は映画「るろうに剣心」が大ヒット。国内外の賞を受賞し、作品は世界の60カ国以上で公開されました。
今年秋に開催の「いわて国体」では式典アドバイザーとしてその腕をふるうことになっている大友さんに、岩手での青春時代や仕事のポリシーなど、たっぷりとお話を聞きます。

第13回
「岩手と東京を食でつなぐ 株式会社 門崎 千葉祐士さん」
2016年7月23日(土)  午前10時00分〜10時30分 放送

ゲストは、六本木などでミートレストランを展開する株式会社門崎の社長千葉祐士さん。「格之進」の名で知られるそのお店は、肉料理業者の祭典「肉フェス」で4回連続の総合優勝を果たすなど、こだわりの牛肉が食べられるお店として全国にその名を知られる。「生産者の思いを届けたい」と語る千葉さんに、経営ポリシーについて聞く。

第12回
「‘今、最も注目されているミステリー作家’ 柚月裕子さん」
2016年6月18日(土)  午前10時30分〜11時00分 放送


柚月 裕子さん
撮影/ホンゴユウジ

ゲストは、釜石市生まれのミステリー作家、柚月裕子さん。
柚月さんは、40歳でプロ作家デビュー。第一作の「臨床真理」が「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。
「孤狼の血」が直木賞候補になったほか、このほど、「日本推理作家協会賞」を受賞した。さらに今後の活躍が期待されている柚月裕子さんに、ミステリー小説の世界について聞く。

第11回
「コンサートが熱い! 民謡、演歌歌手、福田こうへいさん」
2016年5月21日(土)  午前10時00分〜10時30分 放送

歌手、福田こうへいさんは、1976年生まれ。盛岡市出身。
民謡のプロである両親のもとで育ち、23歳の時、初めて、民謡の大会に出場。10余年のサラリーマン生活の後、2012年に「南部蝉しぐれ」でデビューし、大ヒットした。年間150回は、熱いコンサートを行っている福田こうへいさんに聞く。

第10回
「会計業界をリードする 辻・本郷税理士法人 本郷孔洋会長」
2016年4月16日(土)  午前10時00分〜10時30分 放送

ゲストは、業界最大規模の辻・本郷税理士法人グループの会長、本郷孔洋さん(1945年一関市生まれ)。
全国に50の事務所、海外に7つの拠点を持ち、グループのスタッフは、1100人にのぼる。
東京新宿の同本部を訪ね、本郷会長にこれまでの歩みや、海外戦略などを聞く。

第9回
「古民家に暮らしながら、遠野の原風景を描く」
2016年3月21日(月祝日)  午前10時25分〜10時55分 放送

画家、本田健さん (1958年生)は、山口県生まれ。20年ほど前に、遠野の
山里の古民家に移り住んだ。本田さんが描く絵は、チャコールペンシルを使って、数ヶ月もかけて細密に仕上げたものだ。その大作は、岩手県立美術館や県立図書館の壁面を飾っている。
本田さんが目指す美の世界について聞く。

第8回
「元『週刊プレイボーイ』名物編集長。作家、随筆家の島地勝彦さん」
2016年2月11日(月祝)  午前10時25分〜10時55分 放送

かつて「週刊プレイボーイ」の名編集長として辣腕を振るった島地勝彦さん(一関一高出身)がゲスト。今、島地さんが根城としているバー「サロン・ド・シマジ」(新宿伊勢丹内)で、一関での青春の思い出や、作家、開高健、柴田錬三郎、今東光らとの交遊、男のおしゃれな生き方などについて聞く。

第7回
「岩手出身の真打ち落語家、桂枝太郎さん」
2016年1月11日(月祝)  午前10時25分〜10時55分 放送

2016年の年頭のゲストは、落語家の桂枝太郎さん。桂枝太郎さんは、1977年の奥州市生まれ。高校在学中から噺家を志し、桂歌丸師匠に弟子入りした。2009年には、岩手県出身者としては初めての真打ちに昇進。大名跡「桂枝太郎」を襲名した。新宿末廣亭で枝太郎さんに聞く。

第6回
「シンガポール中華料理の達人、簗田圭シェフ」
2015年12月23日(水祝日)  午前10時25分〜10時55分 放送

銀座のシンガポール中華料理店「パラダイスダイナシティ」総料理長、簗田圭さんは、盛岡市生まれ。若くから海外で料理を修業し、マンダリンオリエンタル東京など数々の名店で腕を振るう。世界を舞台に活躍する名シェフに料理の世界を聞く。

第5回
「自転車フレームビルダー 盛合博美さん」
2015年11月23日(月祝日) 午前10時25分〜10時55分 放送

この回のゲストは、宮古市在住の自転車フレームビルダー、盛合博美さん。
盛合さんは、‘日本有数のフレームビルダー’として知られ、「自分だけの1台」を求める全国の自転車愛好家からオーダーメイド自転車の注文が次々に入る。
とにかく自転車好きな盛合さんは、「ツール・ド・三陸」はじめ、各地の自転車の大会にも、ボランティアとしてサポートに加わる。
柴柳二郎アナウンサーと久慈暁子が、宮古市内の盛合さんの工房を訪ねて、自転車の魅力について聞く。


ツールド三陸に参加

盛合さんの工房

第4回
「岩手は第二の故郷 モスバーガー櫻田厚社長」
2015年10月12日(月祭日) 午前10時25分〜10時55分 放送

この回のゲストは、国内外に1400余りの店舗を展開するモスフードサービスの代表取締役会長兼社長、櫻田厚さんです。
櫻田厚さんは、1951年の東京生まれ。叔父の櫻田慧さん (故人、大船渡市出身) が創業したモスバーガーに21歳で入社し、その後、櫻田慧さんの跡を継いで、1998年に社長に就任しました。
番組では、柴柳二郎アナウンサーと久慈暁子がモスフードの本社を訪ね、櫻田社長に、岩手との関わりや、モスフードの経営ビジョンを聞きます。


モスフード櫻田厚会長兼社長

「創業者生誕地」モスバーガー大船渡店

モスバーガー創業者 故 櫻田慧元社長

第3回
「遠野で日本一の牛乳を! 自然農場主、多田克彦さん」
2015年9月21日(月祭日) 午前10時25分〜午前10時55分 放送

第3回目のゲストは、遠野で自然農場を運営している多田克彦さんがゲストです。
多田克彦さんは、1955年生まれ。地元市役所を退職後、1989年に遠野市内に農場を開設。マイブランドの牛乳、乳製品や、有機栽培の野菜などを生産しながら、独自の流通ルートを全国に確立。「日本一」の農場を目指しています。
また、中東やアフリカなどで農業指導を行う一方、TPP問題でも、積極的に持論を展開しています。
柴柳二郎、久慈暁子が、遠野市郊外の「多田自然農場」を訪れて、チーズ工房で、多田克彦さんに、波瀾万丈な農業人生を聞きます。


自社製品

エコ牛舎

東京の商談会

第2回
「彫刻家、舟越桂の世界」
2015年8月29日(土) 午前10時00分〜午前10時30分 放送


彫刻家 舟越桂さん

        久慈暁子  柴柳二郎

第2回目は、彫刻家の舟越桂(64)さんがゲストです。
舟越桂さんは、彫刻家、舟越保武さん (文化功労者) の二男として1951年に盛岡に生まれました。独特な木彫の作品で、日本の現代彫刻を代表する作家と言われています。

東京世田谷にある舟越桂さんのアトリエを、柴柳二郎アナウンサーと久慈暁子が訪ねてお話を伺います。
また、現在、兵庫県立美術館で開催されている作品展なども紹介して、‘舟越桂の世界’を伝えていきます。

第1回
「盛岡冷麺を全国展開 〜ぴょんぴょん舎 邉龍雄さん」
2015年7月20日(月祭日) 午前10時25分〜午前10時55分 放送


ぴょんぴょん舎 邉龍雄さん

柴柳二郎アナ     久慈暁子

盛岡冷麺を全国に広めている’ぴょんぴょん舎’の社長、邉龍雄さんに、東京スカイツリーのお店で聞きます。
邉さんは、盛岡を中心に、冷麺のレストランを全国に11店舗、展開。
年商は20億円にのぼります。

柴柳二郎アナウンサーのアシスタントは、モデル、タレントとして活躍中の久慈暁子 (岩手県奥州市出身)。
二人は、年齢はかなり?離れてはいますが、同じ大学の出身でもあり、息のあった司会ぶりを見せていました。