2019.03.07
【岩手日報】で紹介されました!
2019.03.06
チケット情報を更新しました!
2019.03.04
各団体様から映画への推薦をいただきました!
2019.03.04
岩手県内 田野畑・盛岡・宮古での上映が決定しました!
2019.02.18
NB Press】で紹介されました!
2019.02.17
ケトルニュース】で紹介されました!
2019.02.14
映画ナタリー】で紹介されました!
2019.02.14
anemo】で紹介されました!
2019.02.14
ムビッチ】で紹介されました!
2019.02.14
Cinemarche】で紹介されました!
2019.02.14
CINEMATOPICS】で紹介されました!
2019.02.14
CD Journal】で紹介されました!
2019.02.14
HPを開設しました!

【東京】ポレポレ東中野 4月27日(土)~
劇場住所:〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル地下
電話:03-3371-0088

【田野畑】完成披露特別上映会in田野畑
日程:5/10(金)、11(土)、12(日)
会場住所:アズビィホール (〒028-8407 田野畑村和野278-3)
問合:019-624-1166(テレビ岩手)

【盛岡】フォーラム盛岡
日程:5/24(金)〜6/6(木)
劇場住所:〒020-0022 盛岡市大通2-8-14 MOSSビル5F
電話:019-622-4770

【宮古】シネマリーン特別上映
日程:6/7(金)~6/10(月)、6/14(金)~6/17(月)
会場住所:〒027-0038 宮古市小山田2-2-1マリンコープDORA2F DORAホール1(旧シネマリーン)
問合:0193-64-5588(みやこ映画生協)

作品について

「みんなが幸せになる、
おいしい牛乳をつくりたい」
山の牧場を切り拓く吉塚一家。
雨の日も雪の日も、
泣いた日も笑った日も、
その歳月はいつも
家族とともにありました。
美しくも厳しい岩手の自然を背景に綴る長編ドキュメンタリー

岩手県下閉伊郡田野畑村に暮らす、5男2女・9人の酪農大家族。
一家が営むのは、一年を通して山に牛を完全放牧し、大地に生えるシバと自前で栽培する牧草だけを餌に牛を育てる“山地酪農”。自然の営みのなかから生み出される、その理想の酪農の実現を胸に、大学卒業後この地に移住した父・公雄は、山を切り開き、シバを植え、牧場を育ててきました。

プレハブの家でのランプ生活が続くなか授かった7人の子どもたちは、父の背中を追うように牧場を元気にかけまわり、手伝いをし、すくすくと育っていきます。夏には冬のための草を刈り、秋にはヤマナシの木に登ってその実をオヤツに、冬にはみんなで薪を拾い、春には仔牛が生まれる…四季の風景に彩られ、休むことのない牧場の暮らし。

一方、自然とともに歩む“山地酪農”ゆえの課題は、次々と一家の暮らしの前に立ちはだかります。
限りある乳量、広さに応じて決まっている牛の頭数、販売価格の調整…ジレンマと闘いながら試行錯誤を繰り返す日々は続きます。
みんなで囲む楽しい食卓、周囲の支え、成長した子どもたちと頑なな父との衝突と葛藤、そして仲間とともに踏み出したプライベートブランド《田野畑山地酪農牛乳》設立への挑戦、第二牧場への夢————。

山懐に抱かれて、365日24時間“いのち”と向き合いながら、愛情いっぱいに育まれるその営みを大切に綴りました。

地元ローカル局による丹念な取材

24年もの年月を丹念に追ったのは、ながきにわたり地域に根ざした放送を続けてきた地元“テレビ岩手”。これまで、県内および日本テレビ系列『NNNドキュメント』で放送を重ね、数々の賞を受賞してきたこの人気TVドキュメンタリーシリーズを、開局50周年を記念して映画化・公開することに決めました。

吉塚さん一家シリーズの放送・受賞履歴

1996年 NNNドキュメント’96「イーハトーブに抱かれて」
2001年 NNNドキュメント’01「貧乏に幸あり~ガンコ親父と7人の子どもたち~」(日本民間放送連盟民放祭教養部門優秀賞)
2006年 NNNドキュメント’06「ガンコ親父と7人の子どもたち~母さんからのラブレター」(民放祭北海道東北地区優秀賞)
2010年 NNNドキュメント’10「ガンコ親父と7人の子どもたち~酪農大家族16年の記録~」(民放祭北海道東北地区優秀賞)
2018年 Movin’いわて「ガンコ親父と7人の子どもたち~酪農大家族24年の記録~」
2018年 岩手県内ローカル11月「山懐に抱かれて」平成30年度文化庁芸術祭賞テレビ・ドキュメンタリー部門優秀賞

― テレビ岩手とは

1969年(昭和44年)1月に開局。放送開始はその年の12月1日である。地域に密着した番組作りに取り組み、岩手県内では唯一の夕方情報番組「5きげんテレビ」(月~金)を1997年(平成9年)3月にスタート。また「ニュースプラス1いわて」は2019年1月までで20年連続夕方ローカルニューストップを継続。年間視聴率も18年までで9年連続三冠王を継続している。また、長年ドキュメンタリー番組制作に精力的に取り組み、数々の賞を受賞している。2019年12月、開局50周年を迎える。〔株式会社テレビ岩手/本社:〒020-8650 岩手県盛岡市内丸2番10号〕

― NNNドキュメントとは

[日本テレビ系 毎週日曜深夜24:55~放送]
1970年1月に放送が始まった日本テレビ系29局が制作する報道ドキュメンタリー番組。制作本数は、49年間で2400本以上。日本テレビでは「3分クッキング」「笑点」に続く3番目の長寿番組で、「文化庁芸術祭大賞」「日本民間放送連盟賞最優秀」「放送文化基金賞本賞」を受賞するなど、品質の高さにも定評がある。流行語にもなった「ネットカフェ難民」をはじめ、災害、過疎化・高齢化・原発事故といった日本が抱える様々な課題に目を向けるとともに、人々が生きていく、その生き様を見つめてきた。制作がキー局だけではないことも大きな特徴で、地域密着の取材力を生かした番組を制作している。2020年には番組50年を迎える。

人物紹介

吉塚家の大黒柱は、なんといってもお父さん、吉塚公雄。
大学時代に出会った”山地酪農”の実現を胸に、岩手に移り住み牧場開拓を始めました。
二人三脚で歩んできた妻・登志子との間に授かった5男2女の7人の子どもたちは、牧場を駆け回り、牛とともにすくすくと育っていきます。
遠く離れて暮らす、おじいちゃん・おばあちゃんも、一家を暖かく見守ってくれています。
あたりまえに心を寄せ合い、あたりまえにともにある、愛情いっぱいの酪農大家族のご紹介。

お父さん・公雄

信念を貫く頑固一徹の大黒柱

お母さん・登志子

もう一人の大黒柱お母さん

長女・都

しっかり者のお姉ちゃん

長男・公太郎

兄弟思いの優しいお兄ちゃん

次男・恭次

芯の強いお兄ちゃん

次女・令子

面倒見の良いお姉ちゃん

三男・純平

お茶目で心優しい真ん中っ子

四男・雄志

台所にも立つ母想いの弟

五男・壮太

みんなに育てられた末っ子

祖父・和夫/祖母・淑

遠く離れて暮らしながらも家族を見守ってくれている

あゆみ

1971年 父・公雄 20歳で山地酪農の実践に人生を捧げる決意をする。
1974年 父・公雄 田野畑へ移住。
1977年 3ヘクタールの山林を購入し開拓開始。
同時に、プレハブの家でのランプ生活開始。
1979年 公雄と登志子 結婚。
1980年 長女・都〈誕生〉
1982年 長男・公太郎〈誕生〉
1985年 次男・恭次〈誕生〉
1987年 電気導入も、プレハブの家での生活は続く。
1988年 次女・令子〈誕生〉
1991年 三男・純平〈誕生〉
1994年 四男・雄志〈誕生〉
テレビ岩手 取材開始。
2000年 五男・壮太〈誕生〉
四季の風景に彩られ、休むことのない牧場の暮らしは続きます。
成長した子どもたちと頑なな父との衝突と葛藤、試行錯誤を繰り返しながら、プライベートブランドの設立、第二牧場への夢へと歩んでいきます。
2019年 映画「山懐に抱かれて」公開

ナレーション 室井 滋(むろい しげる)

早稲田大学在学中から多くの自主制作映画に出演、1981年に『風の歌を聴け』で映画デビュー。映画「居酒屋ゆうれい」「のど自慢」などで多くの映画賞を受賞。2012年日本喜劇人大賞特別賞、2015年松尾芸能賞テレビ部門優秀賞を受賞するなど女優としての確実な評価を受ける。また、エッセイストとしても活躍。近刊に『おばさんの金棒』(毎日新聞出版)、『玄人ですもの』(中央公論新社)など著書多数。近年では、絵本作家としての活動も広げており、絵本『すきま地蔵』(白泉社)、室井滋のてぬぐいあそび絵本『ピトトト トン よ~』(世界文化社)の他『いとしの毛玉ちゃん』(金の星社)など。2011年刊行の絵本「しげちゃん」以降、共著で画家の長谷川義史さんらと絵本音楽ユニット“しげちゃん一座”を結成。自身も朗読・歌・ピアニカを担当し、いまも全国各地で子どもからお年寄りまで楽しめる垣根のない絵本ライブを展開するなど、映画、テレビ、ラジオ、舞台、CM、出版、音楽…とジャンルを超えて幅広い活動をおこなっている。

映画化にあたり、ナレーションを引き受けてくださったのは、女優のみならず、多方面で幅広く活躍されている室井滋さん。素朴でありながら豊かな表現力、そして長年にわたり「田野畑村山地酪農牛乳」を愛飲しているというご縁が加わり、作品の持つ温かな魅力を、より一層、引き出しています。

山地酪農(やまちらくのう)とは?

「山林を切り拓き、シバを植え、牛を放ち、牛が自由に交配し、
  子牛を生み、牛乳を生み、糞尿を落とし、山が育ち、シバが再生され、それをまた牛が採食する・・・」

植物生態学者の猶原恭爾博士により提唱された、日本国土の特徴や動植物本来の生態系を生かし、限りなく自然に近いサイクルで営む循環型酪農法。猶原博士は「一度形が決まれば、末代までほぼ毎年、普遍的な牛乳の供給ができるようになる」と、これを「千年家構想」と銘打ち、民俗学者・農村指導者の宮本常一も「日本の畜産の将来を賭ける」と評し期待を寄せた。近年では、家畜に対する倫理・道徳的観点から、そして無農薬の草だけを餌に生み出される「グラスフェット」食材はじめ、安心安全を重視する消費者からも注目を集めている。一方で、山の生育・大自然とともに歩み、広大な牧地を必要とするこの酪農法の定着安定までには多くの時間も労力も要することから相当の覚悟と忍耐が必要とされ、実践・継続する農家はごくわずか。吉塚牧場と仲間がともに営む《田野畑山地酪農牛乳》では、自ら厳しい「生産者規定」を定め忠実に守っている。

山地酪農の大きな特徴
牧地 おもに山地地帯。
放牧 24時間・365日、年中放牧(搾乳時以外)、自然交配・出産。
餌は草(主にニホンシバ)、飼料は国産完全無農薬。
飼料 輸入穀物飼料は使用せず、化学肥料にもほとんど頼らない。
牛の頭数 1haあたり成牛換算2頭まで。適正環境確保のため、面積に応じた頭数制限が設けられている。
搾乳量 一般酪農の1/3以下。

猶原 恭爾(なおはら きょうじ) 1908年-1987年(享年79歳)

「農業であれ、酪農であれ、それが人間の真の豊かさへ向かっていかなければならないのだ。」

植物生態学者。『日本の山地酪農』創始者。
岡山県高梁市出身。東北大学理学部卒。財団法人資源科学研究所研究員、国立科学博物館植物研究部研究官。1971年以降は山地酪農指導に専念。おもな著書は「荒川河原植物群落の生態学的研究並に其の治水植栽と高水式牧場化」(1945)、「日本の草地社会」資源科学研究所(1965)、「日本の山地酪農」資源科学研究所(1966)。

スタッフ

テレビ岩手 開局50周年記念作品
ナレーション 室井 滋
吉塚家のみなさん 吉塚 公雄 吉塚 登志子
浅野 都 吉塚 公太郎 吉塚 恭次 山崎 令子 吉塚 純平 吉塚 雄志 吉塚 壮太
吉塚 和夫 吉塚 淑
ご協力いただいた
みなさま
熊谷牧場 熊谷 隆幸 熊谷 宗矩
田野畑山地酪農研究会のみなさま
田野畑山地酪農牛乳をとってくださっているみなさま
後援 岩手県
盛岡市
田野畑村

東京農業大学
早稲田大学
岩手大学

田野畑村教育委員会 田野畑村漁業協同組合
田野畑村森林組合 田野畑村商工会
田野畑村産業開発公社 新岩手農業協同組合田野畑支所
田野畑村漁業協同組合浜岩泉浦女性部
田野畑村漁業協同組合田野畑浜女性部
協賛



推薦 全国農業協同組合中央会
全国酪農業協同組合連合会
公益社団法人 全国農業共済協会
一般社団法人 日本草地畜産種子協会
全国森林組合連合会
日本生活協同組合連合会
公益社団法人 日本獣医師会
撮影 田中 進 上屋敷 益元 柳田 慎也 谷藤 修二 吉塚 公太郎 山崎 令子
ドローン撮影 上屋敷 大輝
音声 鈴木 茂人
取材 菊池 健
構成・編集 佐藤 幸一
音楽 増子 彰
ミキサー 浜口 崇
美術 佐々木 款 紺野 遼真 藤沢 敬徳 大澤 淳 野村 俊祐
協力 日本テレビ系列 NNNドキュメント
萬田 富治
宣伝デザイン 成瀬 慧
宣伝 岩井 秀世 猿田 ゆう
配給宣伝協力 ウッキー・プロダクション
テレビ岩手
「山懐に抱かれて」実行委員会
楢崎 憲二 榧野 信治 青山 尚之 畑山 篤 池田 学 石川 亮 柴柳 二郎 小岩 祥子 平井 雅幸 小形 恵一 八重樫 雅弘 長澤 英毅 橋本 和子 廣嶼 文樹 丸谷 尚史 齋藤 恵子 平山 亜希子 田鎖 賢二
監督・プロデューサー 遠藤 隆
製作著作 テレビ岩手

2019年/103分/16:9/カラー/HD/日本/ドキュメンタリー
URL:http://www.tvi.jp/yamafutokoro/

上映情報

上映日程

東京 ポレポレ東中野 4月27日(土)~
劇場住所:〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-1 ポレポレ坐ビル地下
電話:03-3371-0088
田野畑 完成披露特別上映会in田野畑
日程:5/10(金)、11(土)、12(日)
会場住所:アズビィホール (〒028-8407 田野畑村和野278-3)
問合:019-624-1166(テレビ岩手)
盛岡 フォーラム盛岡
日程:5/24(金)〜6/6(木)
劇場住所:〒020-0022 盛岡市大通2-8-14 MOSSビル5F
電話:019-622-4770
宮古 シネマリーン特別上映
日程:6/7(金)~6/10(月)、6/14(金)~6/17(月)
会場住所:〒027-0038 宮古市小山田2-2-1マリンコープDORA2F DORAホール1(旧シネマリーン)
問合:0193-64-5588(みやこ映画生協)

メディア掲載

2019.03.07 【岩手日報

映画「山懐に抱かれて」来月から公開 〜酪農一家(田野畑)の24年間を追う〜

2019.02.18 【NB Press

酪農大家族の24年を追いかけた、岩手発・ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』

2019.02.17 【ケトルニュース

岩手の酪農大家族の24年を追ったドキュメンタリー『山懐に抱かれて』 GWに劇場公開

2019.02.14 【映画ナタリー

〈岩手で“山地酪農”を営む一家の24年間追ったドキュメンタリーが4月公開〉

2019.02.14 【anemo

岩手県の山あいで酪農を営む大家族の24年を追いかけた地元発のドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』4/27(土)順次公開

2019.02.14 【ムビッチ

酪農大家族の24年を地元ローカル局が追いかけたドキュメンタリー『山懐に抱かれて』4月公開!ナレーションは室井滋

2019.02.14 【Cinemarche

ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』公開決定!室井滋ナレーションで紡ぐ酪農家族の24年に渡る記録

2019.02.14 【CINEMATOPICS

ドキュメンタリー映画『山懐に抱かれて』4/27(土)GWより公開決定!

2019.02.14 【CD Journal

岩手・酪農大家族のドキュメンタリー映画「山懐に抱かれて」4月公開 ナレーションは室井 滋

お問い合わせ

配給宣伝協力:ウッキー・プロダクション (猿田(さるた))
〒102-0074 東京都千代田区九段南4-3-3 シルキーハイツ九段南2号館606号室
TEL:03-5213-4933 / FAX:03-6800-3686 / Mail:yus@solid.ocn.ne.jp