2017年10月9日放送
【第28回】業界の連携で、森林資源の再生を!~「岩手県森林再生機構」の再造林支援に向けた取り組み~
岩手県の森林資源は、戦後造林してきた樹木が成長し、利用の時期を迎えています。林業の生産活動も活性化し、木材利用が拡大している一方で、県内の再造林の面積は、伐採面積の約3割に留まり、将来に向けた対策が課題となっています。そうした中、再造林を支援する「岩手県森林再生機構」が今年度、設立され、関係団体が一丸となって再造林に向けた取り組みを進めています。今回は、岩手の将来を見据え、森林資源の再生に取り組む、機構や関係団体の思いを紹介します。