2017年12月18日放送
【第38回】「生(き)の芸術」アール・ブリュット巡回展~描くことの原点を感じる、岩手の障がい者芸術~
近年、国内外での評価が高まっているアール・ブリュット作品。希望郷いわて国体・希望郷いわて大会から1周年を記念して、県内の優れた作品を集めた、『いわてアール・ブリュット巡回展』が県内で開催されています。アール・ブリュットは「生(き)の芸術」と訳され、美術教育などからは何の影響も受けることなく、自身の内側から湧きあがる衝動のままに表現された芸術です。今回は巡回展の様子を通してアール・ブリュット作品の持つ魅力などを紹介します。