2017年6月26日放送
【第13回】県産米のブランド化推進~①「金色の風」のデビューに向けて~
県産米の最高級品種として開発した県オリジナル水稲新品種 「金色(こんじき)の風」。この秋の全国デビューに向けて、田植えが順調に進み適期内に終了しました。全国最高水準の品質と食味を実現するため、「栽培研究会」を設置するなど、関係機関が一丸となって取り組んでいます。今回は、「金色の風」の田植えの様子などを通じて県産米のブランド化に向けた、生産者の思いなどを紹介します。