2016年2月15日放送
【第44回】大震災の記憶を後世に。県立図書館企画展「5年目の3.11」
県立図書館では、東日本大震災津波の記憶を後世に引き継ぐために、関連資料の収集に取り組み、常設の「震災関連資料コーナー」などを通じて、資料の公開を行っています。今回は、こうした取り組みのほか、2月19日から始まる、明治から昭和初期の三陸大津波や5年前の東日本大震災の発災当時の新聞や雑誌などを展示する企画展を紹介します。震災の記憶を後世に引き継ぐ大切さを再認識し、防災意識を高めていきましょう。