2015年1月12日放送
【第39回】地域防災の担い手!いわての復興教育
東日本大震災津波以降、県をあげて取り組んでいる「いわての復興教育」。この震災津波の教訓を教育の根幹に捉え「郷土を愛し、その復興と発展を支える人材を育成するために、教育活動を通じて、『いきる』『かかわる』『そなえる』を育てること」に取り組んでいます。
そこで、今回は『そなえる』をテーマに大雨災害を想定した防災や安全を学ぶ雫石高校の模様をお伝えします。