岩手県内の中小企業やベンチャー企業が、いま熱い視線を注いでいるのが、医療用機器の開発製造やライフサイエンス研究といった「医療・健康関連ビジネス」です。彼らはいま本業で培った「オンリーワン」の技術をもって、続々と異業種に参入し始めています。
 少子高齢化に拍車がかかる今、医療・健康・介護の分野で期待が寄せられている最新技術を「デジタルヘルスケア」という。その市場展開は、日本にとどまらず、全世界に及ぶ可能性を秘めている。こうした「ものづくり」で世界市場に活路を見出す県内企業とその「オンリーワン」技術をお伝えします。

2019年1月5日(土)午前 10時30分 放送

@本業で培った「コア技術」を健康・医療・介護の分野へ(3分32秒)
Aドイツで見た!世界最大の医療機器展MEDICA(12分22秒)
Bイギリスで見た!100年企業の職人技と誇り(5分53秒)
Cドラッグストアが進めるデジタルヘルスケア事業(3分6秒)
D産学連携!快適睡眠をいざなうIoT医療機器(4分21秒)
Eデジタルヘルスケアは「地方創生」の起爆剤!(5分9秒)
F産学連携!失われた機能回復支援研究(7分26秒)
G岩手発!デジタルヘルスケア産業(7分7秒)

2017年12月29日(土)放送 岩手発!アジアビジネス最前線 はこちらから