放送ラインナップ

Vol.460 4月8日  街角ダイアリー〜盛岡・仙北〜

トップ画像1トップ画像2トップ画像3

今回は盛岡・仙北界隈をぶらりと散策。町なかの風景に、様々な時代の歴史を感じて・・・
仙北で親しまれている昔からの味と新しい味に舌鼓。
春風を感じながら出かけてみませんか?

仙北で続く商店・・・

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

その北上川にかかる明治橋を渡ってすぐのところに店を構える山清商店。
江戸初期に初代が佐竹藩の仙北郡からこの地に移住し、創業200年以上の歴史があります。7代目の頃から作物を育ててその種を売り始め、現在では種や苗のほか農業資材などを販売しています。その種類豊富な品揃えは、昔から農家の方々の強い味方です。
さらに、農業が本格始動する春、社長がイベントなどで、旧暦からの農業予想の講演を毎年楽しみにしている方々が多いとか。
旧暦にある古くからの言い伝えなどを参考にし、20年ほど前から始めた農業予想。
聞きに来る農家の方々は作業の時期などの参考にしているそうです。

●山清商店

【住所】盛岡市仙北2丁目25-9
【営業】8:30〜17:00(4月〜8月上旬平日のみ)〜17:30
【定休】2月〜10月無休 / 11月〜1月 日・祝日
【TEL】 019-636-3900

 

気になる建物を・・・

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

徳清倉庫 本社の敷地内の建物。
明治20年、建物の払い下げを受けた盛岡城の勘定奉行所等の一部を再築。
2012年から2年かけて建物含めた全体を職人たちの手で改修しました。
城で使っていた部屋は、鴨居や廊下はケヤキ、構造の柱はヒノキが使われており、保存状態が良かったため、現在でも問題ない状態で残っています。
建物には明治17年の大火の経験から防火に配慮している部分も多くみられます。
まるでタイムスリップしたような空間。
一般公開していないので今回特別に案内していただきました。

●徳清倉庫 本社

【住所】盛岡市仙北1丁目13-7
【TEL】 019-636-1624
【HP】 https://tokusei-s.co.jp

 

昔懐かしい味〜せんべい〜

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

盛岡名物 南部せんべいのお店、炉何煎(ろっかせん)。
こちらのお店では、国産小麦や胚芽を使う製造技術で特許を取得。
南部せんべいを色んな地域で味わってもらいたいと、首都圏の有名デパートなどでも販売しています。
佐々木せんべい店の名前で創業したこちらのお店、もち米でつくる体に優しい白せんべいは当時からの味です。
炭火で1枚1枚焼くうきせんべいは、サクサクと軽い食感でやさしい味。

●炉何煎(ろっかせん)

【住所】盛岡市仙北2丁目10-13
【営業】8:30〜18:00
【定休】元旦
【TEL】 019-636-1029

 

仙北町駅の歴史と共に・・・

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

JR東日本 仙北町駅は、大正4年に地元住民の声を受けて原敬が開業したと言われています。
そんな仙北町駅の開業と共に駅前に店を構えたそば処 北田屋です。
当時は食堂と旅館を営んでいましたが、その後にそば中心としたお店へ。
昔から親しまれているメニューは煮しめとご飯と蕎麦のそば定食。
そばつゆは当時から変わらない味です。
今のご主人の代から始めた直径14cmの海鮮かき揚げのついたざるそばは、今の人気メニュー。どこか懐かしいお店の雰囲気とその味は長年愛されてきました。

●そば処 北田屋

【住所】盛岡市仙北2丁目3-21
【営業】11:00〜21:00(20:30L.o)
【定休】元旦
【TEL】 019-636-0543

 

仙北の新しいお店・・・

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

仙北町駅からの通りにお店を構えるPullassaggio(プラッサッジョ)、オープンから3年のイタリア料理店。厨房では、若きオーナーシェフが腕を振るいます。
ディナータイムはお任せコースメニューやアラカルトを。
コースには食材の入荷状況で変わる料理が9〜10品。
仙北の新しい店の味を楽しんでみてはいかがでしょうか?

●Pullassaggio(プラッサッジョ)

【住所】盛岡市仙北2丁目10-19
【営業】11:30〜14:00 / 18:00〜21:00 ★事前予約をおすすめします
【定休】不定休
【TEL】 019-681-9950

 

Copyright(c). TVI. All rights reserved.