放送ラインナップ

Vol.306 4月5日  ピノキオ流 旅のススメ〜沿岸編PartII〜

トップ画像1トップ画像2トップ画像3

いのちの息吹を感じる希望の季節 春、あたたかな日差しと爽やかな潮風に誘われて・・・
地元の方と心温まる出会いがあり、季節の美味しさを味わう。
そんな魅力いっぱいのピノキオ流 旅のススメ。

釜石駅発 三陸鉄道 南リアス線に乗って

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

海の美しさに誘われて、恋し浜駅で途中下車。
小石浜漁港を見降ろす高台にある駅、そこから見える海と空の青さは、忙しい日常を忘れさせてくれます。
待合室にはホタテの貝殻に願い事を書いたホタテの絵馬が・・・
訪れた人の夢と希望が詰まった駅です。

●三陸鉄道株式会社 南リアス線 恋し浜駅

【住所】大船渡市三陸町綾里小石浜
※無人駅

 

岩手・三陸海岸やすらぎの宿 廣洋館

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

せっかくなので、海の見える宿へ。
その後、震災による被害から改装し、2013年7月から営業を再開しました。
ロビーには、こだわりのオーディオシステムが備えられ、心地いいJAZZが流れる中、海を眺めながらゆっくり過ごすことができます。
館内にある3つの特別室からも三陸海岸を一望。
目の前に広がる綾里湾はプライベートビーチの様でなんとも贅沢です。
食事は、その時に採れた新鮮な魚介だけではなく、地物の野菜をつかった贅沢な料理が味わえます。

●岩手・三陸海岸やすらぎの宿 廣洋館

【住所】大船渡市三陸町綾里字白浜95
【TEL】 0192-42-2650
【HP】 http://www.koyo-sanriku.com/

 

盛木町市場

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

0と5のつく日に木町の通りで開催される朝市へ。
物々交換からはじまり正式に「朝市」として認められたのが大正元年。
開催日には、地元でとれた旬の海産物や農産物、手作りのお菓子など様々な商品が並び多くの市民が訪れます。

●盛木町市場

【住所】大船渡市盛町字木町
【営業】毎月5と0のつく日 朝6時00分〜午後0時頃
【TEL】 0192-27-7301

 

大船渡を元気にする大船渡 屋台村

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

震災後、大船渡を元気にする飲食店が20店もオープンしました。
そんな屋台村内、鮨・季節料理のささきは、この道30年のご主人が腕を振るうお店です。
大船渡だけではなく三陸の各地から旬のネタを仕入れて提供しています。
おススメは、仕入れによって素材がかわる『おまかせにぎり5貫』。
看板メニューの穴子はひと手間もふた手間もかけたこだわりのひと品です。

●鮨・季節料理 ささき

【住所】大船渡市大船渡町字野々田19-1
【営業】11:30〜14:00・17:00〜22:00 日・祝17:00〜21:00
【定休】月曜(休日の場合翌日休業)
【TEL】 0192-26-3719

 

おかし工房 木村屋

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

陸前高田駅のすぐそばにある、おかし工房木村屋。
震災後、仮設店舗で営業していましたが3月に本店舗がオープンしました。
昭和元年に和菓子屋として創業、町で愛される菓子店です。
震災後、看板メニューが新たに生まれました。
それは、7万本もの松林が流された陸前高田の高田松原で唯一残った「奇跡の一本松」をイメージした商品、「夢の樹(いつき)バウム」です。

●おかし工房 木村屋

【住所】陸前高田市高田町字栃ヶ沢220
【営業】10:00〜18:30 
【定休】水曜日
【TEL】 0192-55-2825
【HP】 http://okashitsukasa-kimuraya.com/

 

一本松茶屋

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

巨大なベルトコンベヤー吊り橋「希望のかけ橋」の広がる、奇跡の一本松駐車場内の一本松茶屋。
「陸前高田ににぎわいを」との期待を受けて、昨年8月にオープンしました。

・『たがだ屋一本松店』は陸前高田の物産品を販売。
地元のお酒や、海産物の加工品や果物の加工品をはじめ、調味料やお菓子など陸前高田のさまざまな味覚がそろいます。
また、奇跡の一本松関連のグッズなどもあり、多くの観光客が訪れます。

・『ラーメン食堂 岩張楼(がんばろう)』は震災後に店をはじめ、この場所に店を構える前は、仮設の店舗で営業していました。
看板メニューは磯の香りいっぱいの岩張楼(がんばろう)ラーメンです。
こだわりのひとつが極細麺。

・『和カフェtsuruya(つるや)』は地元でゆべしの老舗として知られる『つるや』の味を受け継ぐお店です。
この地域では昔から冠婚葬祭に欠かせず、馴染みの深いゆべし。
震災後、その味を受け継ぐためにご主人は父親からゆべし作りを教わりました。
こちらでは、しそ・柚子・ニッキの3種類を味わうことができます。

●一本松茶屋

【住所】陸前高田市気仙町字土手影138-5
【TEL】0192-22-7700

・たがだ屋一本松店
【営業】9:00〜18:00
・ラーメン食堂 岩張楼(がんばろう)
【営業】11:30〜16:00 【定休】水曜日
・和カフェtsuruya(つるや)
【営業】10:00〜17:00 【定休】木曜日

 

Copyright(c). TVI. All rights reserved.