放送ラインナップ

Vol.256 4月13日  ピノキオ流旅のススメ〜水の都 新潟へ〜

トップ画像1トップ画像2トップ画像3

人口約81万人の新潟市は古くからの港町として発展し、平成19年に本州日本海側初の政令指定都市となりました。
そんな新潟で岩手にはない一風変わったローカルグルメを味わい、越後屈指のパワースポットを訪れ、太平洋とはひと味違う、日本海の恵みを求めて・・・

新潟のカツ丼・・・

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

とんかつ専門店「とんかつ政ちゃん 沼垂本店」。
こちらのお店では、国産の豚肉を使用。
しかし、特定のブランド豚にこだわらない、と言うのがこだわりとか・・・
新潟名物でもあるタレかつ丼は、豚のもも肉を使って・・・
揚げたてのカツを注ぎ足しで作る自家製のタレにくぐらせ、そのままご飯の上へ。

新潟スタイルのカツ丼。新潟市民にはごく普通のカツ丼として認識されています。
甘めのタレが染み込んだ豚もも肉のカツは、ごはんとの相性はぴったりです。

●とんかつ政ちゃん 沼垂(ぬったり)本店

【住所】新潟県新潟市中央区沼垂東 5-12-1
【営業】11:00〜15:00,17:00〜21:00
【TEL】 025-245-2994
【HP】 http://www.masachan.co.jp/

 

信濃川からの風景

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

新潟市内の中心を流れる日本最長の信濃川。
その信濃川を水上バスで巡る、ちょっと素敵な旅はいかがでしょう。
新潟市歴史博物館「みなとぴあ」から川を上ります。
船室は天然のチーク材や真鋳などを使ったクラシックモーターヨットのインテリアと、ちょっと贅沢。
新潟市のシンボルでもある重要文化財「萬代橋」をくぐり抜けることができるのも水上バスならではの楽しみです。
交通手段としてだけでなく、周遊便 やチャーター便、などで新潟市民に利用されています。

●信濃川ウォーターシャトル株式会社

【住所】新潟市中央区下大川前通二ノ町
【料金】1区間 :大人300円
    一日フリー乗船券:大人1名1800円(子供1名900円)
【TEL】 025-227-5200
【HP】 http://www.watershuttle.co.jp/

 

新潟市のソウルフード

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

ファッションからグルメなどお買い物や遊びを楽しめる施設『万代シティ』。
その中のバスセンタービルの2階にある新潟のソウルフード【イタリアン】の専門店『みかづき』へ。
歴史の古いイタリアン。なんと、50年もの歴史があるんです。
ベースは焼きそばの『イタリアン』。
キャベツともやし、自家製麺は角太麺をソースで炒めて・・・
器に盛り付け、こだわりのトマトソースをかけて完成です。
定番のイタリアンの他にカレーイタリアンやホワイトイタリアンなどのバリエーションも。

●みかづき 万代店

【住所】新潟市中央区万代1-6-1 万代シテイバスセンタービル2F
【営業】10:00〜20:00
【TEL】 025-241-5928
【HP】 http://mikazuki-go.com/

 

越後屈指のパワースポット

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

新潟市内を抜けて南へ向かう途中ぜひ立ち寄りたいところ。
越後屈指のパワースポットと言われる彌彦神社。
彌彦神社の入り口に立つ『一の鳥居』は稚児柱支え建て両部型鳥居。
親柱は地に着かず6cmほどの隙間が・・・
火の玉石は、石を軽く感じて持ち上げられれば願い事は成就し、重くて持ち上げられなければかなわないと言われています。
厳かな空気に包まれる彌彦神社、越後一格式ある神社を訪ねてみてはいかがでしょう?

●越後一宮 彌彦神社

【住所】新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
【TEL】 0256-94-2001
【HP】 http://www.oyahikosama100nen.com/

 

日本海 夕日の見える宿

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

日本海の恵みを求めて・・・江戸時代の北前船の寄港地とした栄えた長岡市寺泊へ。
今回ピノキオは、港近くにある元禄年間創業の宿『美味探求の宿 住吉屋』に泊まることに・・・
海側の客室からは日本海の雄大な景色が望めます。
住吉屋自慢の檜づくりの露天風呂、目の前には大パノラマの景色。
天気の良い日には佐渡島を望むことができます。
宿の食事で日本海の恵みを堪能しましょう。
住吉屋では寺泊漁協の「セリ券」を持っているため、新鮮素材の海の幸を味わえます。
この日の刺身は、メバルの姿づくり。そのほかに、ブリ、濃厚な甘みの南蛮海老など・・・
新潟に来たら食べておきたい、白身の王様 ノドグロ。
新潟のノドグロは身がしまり脂がのって、なんとも言えない美味しさです。

●美味探求の宿 住吉屋

【住所】新潟県長岡市寺泊大町7745-1 
【TEL】 0258-75-3228
【HP】 http://www.h-sumiyoshiya.net/

 

日本海の幸を・・・

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

威勢の良い声が響き渡る商店街。
魚のアメ横と言われる、魚の市場通りをのぞいてみてはいかがでしょう?
10店舗以上の大型鮮魚店が並ぶ通り、多くの観光客が訪れます。
鮮魚だけではなく、気軽に味わえるバラエティ豊かな魚介のテイクアウトグルメなど、海の幸を満喫できます。

●魚の市場通り

【住所】新潟県長岡市寺泊下荒町
【営業】8:30〜17:00(日曜日/8:00〜)
【TEL】 0258-75-3228

 

Copyright(c). TVI. All rights reserved.