放送ラインナップ

Vol.163 6月17日  野菜はごちそう

トップ画像1トップ画像2トップ画像3

まもなく野菜が美味しい季節がやってきます。今宵は、そんな元気いっぱいの野菜を堪能して。太陽と大地の恵みをたっぷりと受けたごちそうは、瑞々しくて彩りも鮮やか。体を元気にしてくれそうなメニューばかりです。おまけにヘルシーときたら…さあ、たんと召し上がれ。

ビッレリア アル・フォルノ 6/7にOPEN!

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

盛岡は菜園。6月7日にオープンしたばかりのイタリアン「ビッレリア アル・フォルノ」。多彩なオススメメニュー、そしてビールが充実したお店です。オススメメニューは、県産食材をふんだんに使った創作イタリアン。日替わりで、20種類ほどが楽しめます。
■子羊のローストのアッロスト 羊のチーズとジェノバ風ソース 1280円
■燻製サーモンと県産アスパラガスのジュリエンヌ 日焼けしたジャガイモのサラダ 780円

それでは、多彩なラインナップの中から、野菜をたっぷりと使ったメニューを紹介しましょう。
■天照トマトと奥中山高原三谷牧場“金のモッツァレラ”冷製フェデリーニ 1000円
■夏野菜のスープ仕立て 柔らかトリッパのカリカリソテーバジリコ風味 580円

野菜をたっぷり使ったメニューが嬉しいニューフェイス「アル・フォルノ」。
6月は夜のみの営業ですが、7月からランチを始めるそうです。楽しみですね。

●ビッレリア アル・フォルノ

6/7にOPEN!

【住所】盛岡市菜園2-4-6 
【時間】17:00-24:00 (6月) / 12:00-24:00 (7月以降)
【定休】月曜
【TEL】 019-681-8511

 

カフェレストラン エルコリーヌ

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

久慈市の中心部にある秋山さんのお店「エルコリーヌ」。この店では、地野菜だけでなく、様々な県産の食材や調味料も使っています。野菜をたっぷり使うパスタは、復活した「のだ塩」のソースです。厨房で腕をふるうのは、フランスで修行してきた秋山さんのご主人。ベジタブルマイスターの奥さんと二人三脚で、こだわりの野菜料理を発信してきました。この日のパスタランチは、15種類もの野菜を使ったリングイーネ。1日に必要な野菜摂取量の半分を取ることができるそうです。
■1日10食限定パスタランチ(サラダ、スープ、ドリンク付) 自家製ベーコンと本日の地野菜 野田塩ソースのリングイーネ 945円

特産のほうれん草は、カレーに。春菊と共に鮮やかなグリーンのピューレにします。そしてチキンブイヨンとココナツをベースにしたカレーの元と合わせて。
■特産ホウレン草と春菊のグリーンカレー 1260円

エルコリーヌでは、なかなかの素材のホワイトアスパラを使うことにしました。
■岩手町白ホワイトアスパラガスとオニオンヌーボー 平ガニソースの軽い煮込み(おまかせコースの前菜から)
■白アスパラガスと真鱒のハーブマリネ 白アスパラガスの冷製スープを添えて オレンジとグリーンハーブの香りで(おまかせコースから)

ジュニア野菜ソムリエがいるカフェレストラン「エルコリーヌ」。たくさんの野菜が満喫できます。

●カフェレストラン エルコリーヌ

【住所】久慈市中央2-36
【時間】11:30-14:30 LO / 17:30-20:00 LO
【定休】月&第3火曜
【TEL】 0194-75-3401

 

Calm(ビュッフェ・バイキング)

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

盛岡は大館町。ひときわ目立つオレンジ色のお店…「カ―ム」。一軒家を改装した食事処です。この店は、アレンジメントの教室が開かれるなど、主婦コミュニティの拠点で、お昼は、野菜を中心とした創作家庭料理のバイキングがリーズナブルな料金でいただけます。カ―ムでは、オーナーの実家が農家ということもあって、採れたての新鮮な野菜を使っています。
そんなオーナーは「農家が手塩にかけて育てた野菜は最高のごちそう」といいます。メニューは毎日16、17種類ほど。ちょっと紹介しましょう。
初夏に出てくる新ゴボウは、カラッと竜田揚げ風に。やわらかい食感、香り、そしてゴボウ本来の味わいが楽しめます。
甘いカボチャのマッシュは、揚げパンに絡めて。シナモンとバターの香りで仕上げました。口当たりも新しい食感です。
採れたての野菜をたっぷり使ったサラダも数種類並びます。こちらは、そのドレッシング作り。紫キャベツと赤カブを使ったピンク色。キレイですよね。見た目にも可愛いこのドレッシングは、女性陣に人気とのこと。
ライスボールも人気の定番メニューです。クリーミーなニンジンソースでいただくライスボールは、ほうれん草、ベーコン、チーズを入れたドリア風。食べ応えも十分です。
お肉を使った料理もあります。紅白のラディッシュと合わせるのは、手羽先。ちょっと濃いめの味付けは、まろやかでコクのある味わいです。
一方、さっぱりと仕上げた鶏肉と野菜のマリネ。しょうがと甘酢を使った和風の味付けです。並んだ料理が少なくなってくると新しい料理が次々と出てきます。
野菜の意外な組み合わせ、こだわった味付け、どの料理にもお客さんを飽きさせない工夫がありました。カ―ムの創作家庭料理で野菜をたっぷり補給しましょう。

●Calm(ビュッフェ・バイキング)

野菜メインの創作家庭料理のバイキングが毎日20種類以上並ぶ。900円
      
【住所】盛岡市大館町20-63
【時間】11:30-15:00
【定休】日祝
【携帯】090-6785-2702
【TEL】 019-645-5567

 

中国食菜 桃花(中華)

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

お邪魔したのは、味に定評のある「桃花(とうか)」です。
夜のコースメニューの中から野菜たっぷりの料理を作ってもらいました。
■肉のトマトソース炒め 青梗菜添え 1500円
■アスパラと黄韮入り海鮮炒め 1600円
■季節野菜の炒め 蟹ソース掛け 1300円
■クコの実、干し貝柱入り冬瓜の蒸しスープ 900円

●中国食菜 桃花(中華)

夜のコースメニューの中から野菜をふんだんに使った料理を紹介(3000円〜 要予約)

【住所】盛岡市津志田南3-15-40
【定休】月曜
【時間】11:30-14:00(土日・祝日は -14:30まで)/ 17:00-21:00
【TEL】 019-637-6687

 

ウサギボタニカ(マクロビ&カジュアルフレンチ)

テーマ 画像
テーマ 画像1テーマ 画像2
テーマ 画像3テーマ 画像4

盛岡市中ノ橋通にある「ウサギボタニカ」。まもなくオープン2周年を迎えるマクロビオティックレストランです。現在ランチ4種類のほか、夜はアラカルトメニューも多数展開しています。

田村さんの美味しい野菜をサラダでいただきます。4種類のレタスを4種類の調味料で。
■オーガニック野菜のサラダ 田村さんの美味しい野菜で 750円

日本の伝統小カブの最高品種・みやま小カブをメインディッシュに。ローストと生で楽しみましょう。生は、こちらのマクロビ風のバーニャカウダソースで。黒豆を塩漬けにして発酵させ、アンチョビに見立てた調味料です。生の小カブは、このソースにトッピング。もちろんカブの葉も余すところなく使います。青々としたハーブ香のトスカーナの白を合わせてみました。
■ヴェルナッチャ‘10(白) ボトル4100円
■みやま小カブのロースト マクロビバーニャカウダソースで 690円

合わせるのは県産短角牛のロース。これに2種類の春菊をのせて。
ヴァン・ド・ペイの域を超えたバランスの赤と御一緒に。
■県産短角牛ロースのゆっくりローストとオーガニック春菊 2700円
■テラス ドゥ ギレム‘09(赤) グラス600 キャラフ1600 ボトル2400

野菜の個性を生かしたマクロビオティックとカジュアルフレンチ。心まで豊かにしてくれます。

●ウサギボタニカ 福士正満さん

【住所】盛岡市中ノ橋通1-3-15
【時間】11:30-14:00 LO / 18:00-22:00 LO
【定休】火曜
【TEL】 019-681-4932

 

Copyright(c). TVI. All rights reserved.