夢みるピノキオ
ホームへ戻る 放送ラインナップ 街道シリーズ
BGMリスト 情報募集 Eメール
街道シリーズ

シリーズ4 ノスタルジック夢街道 其ノ四
三陸浜街道(宮古〜釜石)
(7月25日放送)

三陸浜街道マップ 四回目は海へ。三陸沿岸を縦断する三陸浜街道が舞台。
かつて「海辺道」と呼ばれたこの道は、急坂や峠越えが続く険しい道。
現在は消えてしまった箇所も少なくありません。
今回は宮古から釜石までの道をたどってみましょう。
三陸浜街道イメージ

■宮古市

津軽石の浜街道にある豪商・盛合家の大きな屋敷。
270年前に建てられたこの家にはその昔、南部の日本地図を作るために全国を測量して回った伊能忠敬が泊まったことがあるそう。
盛合家  盛合家外観
黒森神楽は毎年正月に沿岸地区を巡業するのが慣わし。

その時通るのが三陸浜街道。30年ほど前までは徒歩で巡業していた。

黒森神社
 黒森神社 黒森神社

三陸浜街道

■山田町

沿岸には「海の道」がある。
その道を通って遠くオランダから山田町に漂流してきた人も。

蔵のある珍しい造りの佐々木さん宅 佐々木さん
 山田町の「海の道」

蔵のある珍しい造りの佐々木さん宅  お膳、お椀 木の箱

佐々木長榮さんのお宅は家に蔵がある珍しい造り。
火災に遭っても財産を失わないためだという。
漁業ではなく、林業と農業で財を築いた人々の豊かな暮らしがそこにあった。

神社 ■大槌町

吉里吉里善兵衛こと、前川善兵衛の子孫が今も大槌で暮らしている。
 前川善兵衛ご子孫
    
前川家の守り本尊、弁財天 神社

神社には前川家の守り本尊、弁財天が。
  家宝の夜光貝の盃は今も美しく輝く。

家宝の夜光貝の盃

■釜石市

三陸は食材の宝庫で郷土食も豊か。焼きカゼ(ウニ)とツブ貝の混ぜご飯。
旬を迎えたタナゴはすり身汁にして、野菜やキノコと一緒にいただく。
焼きカゼ(ウニ)とツブ貝の混ぜご飯、タナゴのすり身汁 郷土食を作る様子
大漁旗

曳き船
曳き船まつり  旅の終わりに出会ったのは曳き(ひき)船まつり。

大漁旗を揚げた80艘もの船が会場を埋め尽くす。

この祭りが終わると三陸に本格的な夏が訪れる・・・。


〒020-8650盛岡市内丸2-10
テレビ岩手制作部 |TVIメインページ
E-mail:pinocchi@tvi.co.jp

※当ホームページで使用しているすべてのデータの無断転載を禁じます。