子育て応援団いわて

岩手の子育て応援します!いわてのママ・パパ・子供たち みんなで作る子育て応援団いわて 子育てイベントやサークルの情報など、子育てに役立つ情報も掲載していきます。

連載コーナー この指とまれ!

日記

チャレンジキャラ弁 ⑬

シトシト、ジメジメが続く梅雨はちょっと憂鬱...。

そんな時、うずら卵で作ったてるてる坊主のお弁当はいかが? かわいいてるてる坊主が、きっと「お天気」をプレゼントしてくれますよ。

キャラ弁講師としても活躍中の、浅沼よしこさんに教えていただきました。

110603_01.jpg
「てるてる坊主のお弁当」

「明日、天気になあれ...」の気持ちを込めて作るお弁当。もちろん主役はうずら卵で作るてるてる坊主! かまぼこで作った紫色のアジサイと一緒に、ニコニコ微笑んでいるお弁当です。

よく見るとアジサイの花にはソーセージと薄焼き卵、チーズで作ったお友達のカタツムリも。こんな可愛いらしいお弁当なら、雨の日の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれそうです。

《うずらの卵のてるてる坊主》

材料
・うずらのゆで卵...1個
・かに風味かまぼこの赤い部分...1本
・海苔...適量

作り方


110603_02.jpg
1、うずらの卵は、とがった部分と丸い部分が2対1ぐらいになる部分を横にカットします。

110603_03.jpg
2、とがっている方を縦に半分にカットします。


110603_04.jpg
3、花の抜き型などを使って、2でカットしたものにひらひらをつけていきます。

110603_05.jpg
4、これでてるてる坊主の体の部分ができあがり。

110603_06.jpg
5、かに風味かまぼこの赤い部分を薄くむいて細く裂き、首に巻きます。
 
110603_07.jpg
6、海苔で目と口をつけて出来上がり。

よしこ先生のひと言アドバイス♪

中に新ジャガのマッシュポテトを入れたアジサイの花。紫色の方は、紫芋パウダーをお湯にとかし、その中に浸けて着色したものです。

スナップエンドウも今が旬。塩茹でしただけなのに甘みがいっぱい。そのままでもおいしく食べられます。豆がキラキラ光る雨粒のようで、お弁当に彩りを添えてくれます。

大きな震災の影響でまだまだ心が沈みがちですが、こんなお弁当で子ども達の心を明るくしてあげたいものですね。


 

TVIスタッフ 2011年6月 3日 18:17

<< 一覧へ戻る