花、ガーデニング用品、エクステリアが大集合!

ガーデン&エクステリア 希望の芽2020 in 夢メッセ

入場無料

5/30(土)AM9:30-PM5:00・31(日)AM9:00-PM4:30

会場:夢メッセMIYAGI

お問い合わせ

テレビ岩手
希望の芽事務局

019-624-1188
(平日10:00~17:00)

メールでの
お問い合わせ

希望の芽2019 創作ガーデン大賞 審査結果発表

2019/06/05

開催趣旨

  1. エクステリア専門店各社の創意工夫を凝らしたエクステリアの設計・施工を多くの生活者に見ていただき、アウトドアリビングの啓蒙を図り需要を喚起する。
  2. これからの庭での住まい方を多くの生活者に提案する。
  3. 出展されるエクステリア専門店各社の認知度及びブランドイメージを高め、エクステリア専門店と生活者の接点を深く拡げていく。

エントリーブース

審査委員投票部門

 プロの目による審査。金賞、銀賞、銅賞 各1社。
(審査基準)アウトドアリビングを体感でき、夢のある庭空間であり、エクステリア製品の特徴を活かしバランスよく折り込まれている。また、その設計・施工のインパクト・具体性・革新性が他のエクステリア専門店の模範となるものである。

審査員

金賞

(株)竜門園(宮城県仙台市泉区)

《審査員講評》
コンテストを前提としたガーデンのデザインということで、今年もナチュラルなものから意匠性の高いものまで幅広く創作された訳だが、竜門園の作品はそのどちらも兼ね備えたバランスの良い作品だ。伝統的な日本庭園の技法をベースに自然石と植栽、水を取り入れた庭の中に、インパクトのある版築壁を斜めにレイアウトし、四角い空間に変化を付けながら適度な目隠しも兼ねている点が素晴らしい。畳のベンチの幕板の処理や、上部に張り巡らせた梁もあえて幅の違う板材を組み合わせるなど、細部へのこだわりもひしひしと伝わってくる。
特に奇をてらった作品ではないが、新和風のガーデンとして来場された多くのお客様にとっても手の届くガーデンのお手本となる素晴らしい作品だ。
(担当審査員 古橋宜昌氏)

銀賞

(株)little bear garden(福島県福島市)

《審査員講評》
ゲートをくぐると森の中に彷徨いこんだような圧倒的な緑の世界観につつまれる。ランダムに乱立する木柱は木立のよう、葉脈を模したデザインパネルはさながら木漏れ日のようである。苔ガーデンを嵩上げしたことで低めに設置したソファーは「森の特等席」。視界に広がる緑のエネルギーや心地よさが表現された力作。
欲を言えば床の艶のある白いレンガ、外コーナーの明るい石積みと花の色が華やか過ぎ、落ち着いた色調であったなら異なった印象になったであろう。
(担当審査員 山本結子氏)

銅賞

(有)海馬工苑(宮城県東松島市)

《審査員講評》
~unbalance~
3Dに組み込まれた様々な色、サイズのフレームキューブやゲート、スクリーンがやわらかで美しい雑木と組み合わさることでさらなる広がりを感じる作品。アンバランスを謳っているが綿密に計算された角度や重力バランスは絶妙。隣り合ったブースに互いに背景が無いことで緑の借景が互いに相乗効果を生んだ。ファニチャーのデザインや色、素材感も空間に馴染んでおり、クールなデザインながら冷たさを感じないのは繊細な下草アレンジや床を浮かせることで緑と馴染んでいるからに他ならない。
(担当審査員 山本結子氏)

一般投票部門

 来場者による投票。票数の多い順に大賞、第2位、第3位を表彰。

有効投票数 1806票

大賞 (株)泉緑化 得票数391票
第2位 (株)スペースプランニング 得票数191票
第3位 (株)竜門園 得票数188票

(株)泉緑化

(株)スペースプランニング

表彰式


前列左から、(有)海馬工苑、(株)スペースプランニング、(株)泉緑化、(株)竜門園、(株)little bear garden