花、ガーデニング用品、エクステリアが大集合!

ガーデン&エクステリア 希望の芽2018 in 夢メッセ

入場無料

5/26(土)AM9:30-PM5:00・27(日)AM9:00-PM4:30

会場:夢メッセMIYAGI

お問い合わせ

テレビ岩手
希望の芽事務局

019-624-1188
(平日10:00~17:00)

メールでの
お問い合わせ

希望の芽 創作ガーデン大賞 審査結果発表

エントリーブース

審査員投票部門

 プロの目から見た審査を行う。もっとも優れたグランプリ賞のほか、各コンセプトにあった3作品を選ぶ。

審査員

希望の芽グランプリ賞

 限られたスペース内でのデザインの工夫、夢と憧れに溢れ、東北のガーデン文化を牽引するのに相応しい作品。

受賞企業:(株)みちのく庭園(青森県八戸市)

《審査員講評》
倒木、あるいは人によって切り倒された樹に対し、新たに命を吹き込むための斬新なアイディアと卓越した技術が素晴らしい。樹木の「気勢」も良く計算されていることが伺える作品。壁面の画や天井面に組み込んだハニカム構造のパーツ 光の反射させる水鉢のアイディアも良く考えられている。
(担当審査員 古橋 宜昌 氏)

マテリアルマイスター賞

 金属・コンクリート・自然石の各素材のそれぞれのメリットを活かしてデザインに取り入れ、ユーザーに寄り添った生活提案ができている。

受賞企業:(株)little bear garden(福島県福島市)

《審査員講評》
石材、植物はもちろんだがスチール、フレーム、照明、鏡、青い壁など多くのマテリアルを使いながら空間が品良くまとめられている。特にデッキ下に鏡を入れ浮遊感を出すアイディアやステップの石材の色を1段ずつ変えるなど面白さと実用面を両立させている点も評価した。
フレームや格子の太さと色のバランスもよく計算されている。小さなスペースであっても、こんなに気持ちの良い空間(庭)ができ、眺めるだけでなく、そこに座ってくつろげることがユーザーの皆さんも体感できたと思う。 (担当審査員 古橋 宜昌 氏)

グリーンマイスター賞

 地域に合った樹木や植栽を活かし、高さ・幅の組み合わせにバラランスが取れ、将来的な維持管理も可能で緑あふれる生活提案ができている

受賞企業:(有)渡辺ホームガーデン(宮城県名取市)

《審査員講評》
樹木は当然のこととして、時間とともに成長していくものである。それは戸建ての庭空間でも同じことである。30年後に“森になる庭”がコンセプトの本作品。時間軸の中で今を意識した庭空間も良いが将来を見据えた樹木の選択、配置もされている。実際の施工の中で今後どのように成長するかが楽しみ。
(担当審査員 安藤 潔 氏)

IRODORIマイスター賞

 素材の組み合わせ・デザインで、癒し・ゆとり・楽しさ等の色彩感覚に訴え、心豊かな生活提案ができている。

受賞企業:(株)泉緑化(宮城県仙台市泉区)

《審査員講評》
コンセプトが「おばあちゃんの家に遊びに行った」という日記形式で作られていることとそのストーリーが作品にきちんと反映されており生活の一部を切り抜いて展示した作品だった。
日頃から、生活提案からの庭づくりをされているからこその作品だと思う。フェンスの色味、植栽の色の選択もすばらしいと思う。
フェンスは強すぎず、でもしっかりと存在感があり良い背景となっている。
窓から眺める風景としての見せ方も考えられている配慮も良いと思う。
植栽はもう少し余白の部分があれば更にバランスよく気持ちの良い空間になると思うが素敵に仕上がっている。来場者の方も多数足を止めていることも印象的だった。
(担当審査員 松井 信 氏)

一般投票部門

 来場者による投票。票数の多い順にグランプリ、金賞、銀賞、銅賞が決まる。

有効投票数 1288票

グランプリ (株)泉緑化 得票数275票
金賞 (株)みちのく庭園 得票数175票
銀賞 (株)竜門園 得票数138票
銅賞 (株)グリーンケア 得票数104票


右から(株)グリーンケア、(株)竜門園、(株)泉緑化、(株)みちのく庭園

(株)竜門園

(株)グリーンケア