episode1

2010年6月26日(土) 放送内容

今なお城下町の佇まいを残す奥州市水沢区。幕末の医者で蘭学者の高野長英(1804~1850)は、いまの奥州市に生まれました。17歳で江戸、その後、長崎に赴き、シーボルトから「ドクトル」の称号を受けました。しかし、鎖国政策を批判した事から幕府に追われ、47歳で捕らえられ、自害して生涯を閉じたと伝えられています。優れた国際感覚も身に付けていた高野長英。日本の近代化に大きな影響を与えました。