2020.02.28(土)

【第71回】脳卒中

脳卒中は、ひとたび発症すると、言葉や意識の障害などで社会生活に支障をきたすほか、本人はもとより、家族にとっても大きな負担となり、寝たきりになる場合も少なくない。岩手県は、脳卒中による死亡率が全国と比べて高いのが実情だ。岩手医大附属病院は、2019年秋に矢巾町の新病院に移転したのにあわせて、新たにSCUと呼ばれる脳卒中専門の集中治療室を設けた。

 

番組に登場した主な先生

【岩手医大附属病院 脳神経内科・老年科分野 脳卒中センター長】
教授 板橋 亮 医師

【岩手医大附属病院 脳卒中リハビリテーション看護 認定看護師】
鈴木由美子さん

お問い合せ

電話
岩手医科大学付属病院 019-613-7111(代表)
内丸メディカルセンター 019-613-6111(代表)