2016.12.24(土)

【第54回】震災後の「こころのケア」

東日本大震災から5年9か月余。多くの人が辛い体験をして、こころに深い傷を負ったままだ。震災後、岩手県は「こころのケアセンター」を設置し、被災者の支援などに当たっている。また、各地で自然災害が相次ぐ中、災害派遣精神医療チーム、DPATの重要性が高まっている。被災者の「こころのケア」について考える。

番組に登場した主な先生

【岩手県こころのケアセンター】
酒井明夫センター長(岩手医大副学長)
大塚耕太郎副センター長(岩手医大精神科学講座教授)

お問い合せ

岩手県こころのケアセンター 岩手医科大学附属病院内
電話
019-651-5111(代表)