2016.1.30(土)

【第48回】高度肥満症の外科手術

現代病のひとつとされる「肥満」。「肥満」になると、糖尿病、脂質異常症、高血圧、心疾患、脳梗塞、脂肪肝等、様々な病気を起こすリスクが高くなる。
そこで、「肥満」の診断に用いられるのが、体重を身長の二乗で割った値、BMI。
学会が定める「肥満」の基準は、BMI25以上で、治療の目安になるとされている。
高度肥満の患者に対し、胃を切除して小さくする外科手術とは?

番組に登場した主な先生

【岩手医科大学】外科学講座 佐々木 章 教授
【岩手医科大学】外科学講座 馬場 誠朗 助教
【岩手医科大学】糖尿病・代謝内科 石垣 泰 教授
【岩手医科大学】睡眠医療科 櫻井 滋 教授

お問い合せ

岩手医科大学附属病院
電話
019-651-5111(代表)
内線
2120 外科 外来