2015.9.26(土)

【第45回】聞こえの最新治療

様々な音をとらえる器官の耳。音は空気の振動によって伝わるが、その信号が脳にうまく伝わらないのが「難聴」だ。最近の医療の発達により、難聴者の耳の中の骨や頭がい骨を振動させて音を伝える「人口中耳」と呼ばれる埋め込み型の補聴器が注目を集めている。一方、音を電気信号に変えて脳に伝えるのが、「人工内耳」という器具だ。「聞こえの最新治療」を紹介する。

番組に登場した主な先生

【岩手医科大学 耳鼻咽喉科】平海 晴一 医師

お問い合せ

岩手医科大学附属病院 耳鼻咽喉科外来
電話
019-651-5111(代表)
内線
2234