2013.8.31(土)

【第30回】新しい出生前検査

医療の進歩に伴い、妊娠中に胎児の遺伝情報に異常があるかどうかを調べる新しい「出生前検査」が、今年4月から国内で導入された。これは、妊婦から血液を採取し、染色体検査を行うもので、導入から3か月で予想を上回る全国約1500人が受診した。従来の検査法と違って母体への影響が少なく、妊娠10週目の早期に可能で、染色体疾患全体の3分の2程度を調べる事が出来るとされている。実施に際しては、十分なカウンセリングが必要で、東北では岩手医科大学と宮城県立子ども病院(仙台市)の2医療機関で検査可能だ。

番組に登場した主な先生

【岩手医科大学 臨床遺伝科】福島 明宗 教授

お問い合せ

岩手医科大学附属病院 臨床遺伝科
電話
019-651-5111
内線
8483

妊娠とお薬相談室
ダイヤルイン
019‐624-5263 ※完全予約制