2013.2.23(土)

【第27回】次世代型CT

去年7月、岩手医科大学附属病院循環器医療センターに、臨床用としては日本で初めてとなる最新の次世代型CT、コンピューター断層撮影装置が導入された。これまでのCTの5倍の範囲を一度に撮影でき、被ばく量も10分の1で済む事から、安全で精度の高い検査を可能にしている。また、造影剤の使用量も従来の半分程度と、小児の先天性心疾患などにも安心して検査が可能になった。特に、心臓のように常に動いている臓器に対して有効で、今後が期待されている。

番組に登場した主な先生

【岩手医科大学 放射線医学講座】吉岡 邦浩 教授
          (附属病院循環器医療センター 循環器放射線科 部長)

お問い合せ

岩手医科大学附属病院
電話
019-651-5111
内線
7221(循環器医療センター事務室 )