今月のテーマトークバックナンバーはこちら!
 
06月のテーマは:雨の日の過ごし方
雨の日の過ごし方は徹底して家から出ない。
本を読んだり、映画を見たり、撮り溜めたドラマを見たり。
意外とあっという間に時間が過ぎます。
正直、晴れていても同じ過ごし方をしているかもしれません・・・・
雨の日はもっぱらインドア派!
一歩も動かずベッドの上でゴロゴロするのが大好きです。
ですが、雨の「ポトッポトッ」という音はとっても落ち着くので、
窓は閉めず、網戸にして雨音をBGMに過ごしています。
また、雨の日は読書もします。特に雨の雰囲気に合う、ミステリーを読むことが多く、最近は辻村美月さんの小説をよく読みます。おすすめは「凍りのくじら」と「冷たい校舎の時は止まる」です。どちらも最後まで展開がよめないハラハラ感と、伏線を回収できた時の爽快感がたまりません。
雨の日の休日は基本的に家の中でゆっくり過ごすことにしていますが、この時期は「ベランダのタイル掃除」と「網戸掃除」に時間を費やすことが多いです。
冬を越し、春先の花粉と黄砂で汚れたベランダと網戸をキレイにするにはホコリが舞い上がらない雨の日が一番!(だと私は思っています)
家でじっとしてるのが苦手なので、
雨の日は家族で「デパート」にいることが多いです。
親である私たちは洋服やインテリアなどの買い物。
こどもは「おもちゃ売り場」に走ります。
おもちゃコーナーで、(子)「買って、買って!」(親)「ダメダメ!」とケンカが始まるのもお決まりの光景。
うまーくかわした後、ランチタイム。そしてデパ地下で夕飯のおかずや翌朝のパンを買って帰るという感じで過ごしています。
何でもそろうデパート。
梅雨時はかなりの確率でデパートにいる私を見かけると思います(笑)
私は休みの日が雨ならば、とにかく寝ます。
朝はもう10時まで起きません。そして、お昼寝も3時間はします!
というのも、私は雨粒が屋根などに落ちる音を聞くと眠くなるのです。
優しい雨音がよくて・・・。
私だけかな?と思い動画投稿サイトを検索してみると、出てくる出てくる雨の音のBGM。
「睡眠用」と書いてあるので、雨の音でリラックスできる人が、私以外にもたくさんいる模様。
「雨の音」以外には「鳥のさえずり」「こおろぎの鳴き声」などもありました。
珍しいところでは、「お笑いコンビの傑作トーク集」。
う〜ん、これは面白くて逆に目がさえてしまうのではないだろうか・・・。
BGMを利用しなくても、雨の日は、自然の音で心地よい眠りへと誘ってくれます。
梅雨の時期の私は、眠ってばかりです。

雨の休日は、日中は娘と折り紙やままごと。夜はeスポーツ!で、
けっこうな夜更かしになることもあります。
ですが、しとしと降る夜中の雨音は、じっと聞いているとなかなかいいものです。
不思議と落ち着いて眠くなります。
以前、雨音を聞くために窓を開けたまま寝てしまい、窓際の床がびしょぬれになっていたことがありました。
ゲームも雨も、ほどほどがいいと思います。
「小田和正」さんの曲を聴きながら、「本」を読みます。
 最近、「小田和正」さんの歌を聴くのが好きなんです!
少しさみしい歌詞、透き通った声。
CMで聴く耳慣れた曲はもちろん、少し前にリリースした曲も含めると、その世界は広く深くて、私にとっては新鮮です。
いつ聴いても感動的ですが、雨の中で聴くと、感動が倍増!
何とも言えない感傷的な気分になります。
さらに本のページをめくれば…別の世界にどっぷり浸れます。
一人で過ごす雨の日ならではの楽しみです。
雨の休日は最低限の買い物以外は外に出ません。
たまったビデオ録画を観るか読書をして過ごします。
雨の休日が嫌いなのではなく、逆に充電しゆっくり休養できるので、月に一日は欲しいぐらいです。
ただ、洗濯物が溜まっているときは晴れてくれないと困りますね・・
雨の日は気分が晴れない!とまではいきませんが
どこか落ち着いた気持ちになります。
そんなときは、お気に入りの喫茶店で一日中読書を楽しみます!
自分の感覚では、雨の日は読書に集中できるんです。
街や人の雰囲気も穏やかに感じますし、喫茶店にいても照りつける日差しが窓から入ってくることもなく程よい明るさ。
さらに、静かな店内で味わうほろ苦いコーヒーとスイーツは癒し効果抜群!
そんな環境が、本の世界にどっぷりと浸かれる理由なのかもしれません。
雨の日も楽しいものです!
雨の日は家の中で過ごします!
ゆっくりしたい時はコーヒーを飲みながら読書。
原田マハさんの温かい気持ちになる作品が好きで、今も読んでいる最中です♪
楽しく過ごしたい時はお笑いのDVDを見ます。
共通のテーマをもった○○芸人が集まったバラエティー番組のDVDや、ナイツさん、千鳥さんのDVDで大笑い!!

休みの日だったら、静かに雨音を感じながらゆったりと家で過ごします。
これまで、台風中継などで雨ガッパに身を包み幾度となく風雨にさらされたので…(笑)