今月のテーマトークバックナンバーはこちら!
 
10月のテーマは:「生まれ変わったらこうなりたい!」
生まれ変わったら、めちゃくちゃ小顔になりたいです。
顔の圧がすごい(顔が大きい)とよく言われます。

背は高いので、これで小顔でシュッとしていたら、
大きく違った人生が待っているのではないか、と思わずにはいられません。
できることなら、今からでも顔の半分を誰かにあげたいです。
生まれ変わるなら、1960年代の東京に生まれたい!
そうすると、1980年代後半のバブル期に、私は華の20代。
オシャレなディナーはあたぼうよ!
ハナキンにはワンレン・ボディコンの波に乗り、ディスコでイケイケな青春時代を謳歌!
流行りの財テクでマンションを購入し(できれば居住用と運用用に2か所)、
外では華やかな暮らしをしつつも、家では無駄遣いはせず、コツコツ貯金。
バブルがはじけても心配ナッシング!
生まれ変わったら「お酒に強く」なりたいです。
全然飲めないわけではありませんが、
お酒を飲むとすぐに顔が真っ赤になり、飲みすぎると頭痛で眠れなくなります。
日本酒・ワイン・ビール。岩手には美味しいお酒がたくさんあります。
強くなって、もっともっと味わいたいです!
まあ妻には、「お金がかかるから、このままでいいよ」と言われますが…。
迷わず、また自分に生まれたいです。
いままでの自分の人生の中で、やれずに後悔したことがたくさんあります。
やって後悔したこともいくつかあります。

これまでたくさんあった人生の分かれ道で、もし別の道を進んでいたら、
いまの自分と比べてどう変わっていくのか、見てみたいです。

生まれ変わったら思いきったことを思い切りやって、
「あの時ああしておけば、やっぱりこうしておけば…」と逡巡しないような人になりたいです。
人生は一度きり!
くりくりした目にかわいい八重歯、ふわふわの毛並みで、誰もがなでなでしてくれる…。
そう、吾輩は猫になりたいのである!
朝起きたら家族に「にゃお〜ん」とあいさつし、朝ごはんをカリカリ。
お気に入りの場所で毛づくろいをしたら、日向ぼっこしながらお昼寝を。
気が向いたら家の中を探検し、時折窓の外のお友達にあいさつ。
そしてまたお昼寝。ゆっくりのんびりの猫生活を楽しみたいにゃ〜。
でも、そんな気ままな猫を眺めている今の人生も好きです。
子どもの頃の夢は国際線のパイロットでした。
でも、小学校高学年の時には近視になり無理だなとあきらめてしまいました。
今はどうかわかりませんが、当時は近視ではパイロットになれないと言われていたのです。

生まれ変わったら近視にならない目を持って、やっぱりパイロットになりたいと思います。
毎年、しっかりとバカンスが楽しめる外国で生活したい。
その逆で、囲炉裏のある日本の家でも生活したい。
風邪ひとつひかずに全く病院通いをしない体で一生を送り、
身長があと最低でも5センチ高くなりたいです♪

……と言ったところで、何も変わりませんが(笑)。
ビデオカメラに生まれ変わりたいです。録画、再生、早送り、巻き戻しなどなど
人間に備わっていれば!という嬉しい機能がたくさんあります。

旅行の思い出や仕事でのやりとりをいつでも記憶・記録し、いつでも鮮明に思い出せるということは、
感動や驚きを何度も感じられる上、仕事も上手くいくに違いありません!
こんなに楽しいことはありません。しかし、悔しさは自分の成長に繋がるので良いですが、
悲しさや怖さは…あまり記憶したくないですね。
生まれ変わったら、「100円ショップ商品の開発チーム」に加わりたいです!
私の趣味は、100円ショップの最新商品をチェックする「100均パトロール」。

100円ショップには次々に面白い商品が登場するので、こまめなパトロールが欠かせません。
お客さんをあっと驚かせ、役に立つものを考え、お手頃価格で提供する。
私自身も、この商品がもう少しこうだったら・・・と考えるのが好きなので、
みんなの毎日の生活がちょっと楽しくなるようなグッズを開発する、アイディアマン集団の一員になれたら
毎日の見え方が変わって楽しいだろうな〜。
飼うならイヌ派?ネコ派?といったらイヌ派の私ですが、
もし生まれ変わるなら断然ネコ!!
天気の悪い日に散歩に行かなくてもいいし、
日当たりのいいところを求めて場所を変えながら日がな一日ひなたぼっこをしてのんびり過ごす。
なんて素敵なんでしょう!
ネコはネコなりに毎日大変なのかもしれませんが、
時間に追われて生きる人間にとってはネコの一日の過ごし方はなんともいえず魅力的。
自由きままなノラ猫もいいけど、毎日のご飯と夏涼しく冬あたたかい部屋が欲しいのでやっぱり家ネコかな・・・。
上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」になりたい!
最近の私のお気に入りはシャンシャンの動画を見ること♪
お母さんと鬼ごっこをしたり、飼育員さんに甘えたり、愛くるしい姿のシャンシャン。

その自由気ままに過ごす姿がうらやましいのです。
私もシャンシャンのようにのんびり笹を食べて、周りの人に甘えて過ごしたいです!