ナウンサー プロフィール

藤村 惠一

藤村 惠一ふじむら けいいち

誕生日
6月7日(双子座)
血液型
A型
出身地
宮城県 気仙沼市
出身大学
明治大学 法学部
好きな食べ物
  • 刺身・寿司(三陸生まれですから!)
  • 炊きたてのご飯
主な担当番組
  • ニュースプラス1いわて(木・金)
  • 「夢見るピノキオ」ナレーター
  • スポーツ中継
自己PR
三陸生まれで、父は元漁船員、親戚も養殖業を営んでいたこともあり、小さい頃はほぼ毎日、魚を食べていました。
自宅の冷蔵庫に、日本酒とビールは欠かさず置いてあり、自称「岩手で一番、魚と日本酒にうるさいアナウンサー」です。(笑)
趣味
【子供の頃】 釣り
【現在】 日本酒の飲み比べ・スキー・下手なピアノの弾き語りをちょっとだけ…
勝利を呼ぶ(?)アナウンサー?
スポーツ取材で現場に行くと、関係者から次のように言われることが良くあります。
「藤村さんが来たから、今回は勝てるのではないか?」
「藤村さんがリポーターで来たので、勝てるような気がすると、〇〇さんが言っていますよ♪」
もちろん、「私が行ったから」ということではなく、選手やスタッフの皆さんの努力が一番です!
ただ、振り返ると様々な全国大会の取材では「優勝リポート」を数多く経験したことは確かで、関係者の皆さんも、その印象が残っているからだと思います。
ちなみに、高校野球での県勢の全国制覇はありませんが、2009年は花巻東高校の選抜準優勝、夏ベスト4のリポートも担当しました。私の甲子園リポートでの通算勝率は71.4%です。
実はこんな側面も
全国きき酒選手権大会(日本酒造組合中央会主催)に、岩手県代表として過去5回出場しました。
都道府県予選には、全国で約1800人が参加するこの大会で、2011年第4位 2013年第5位。
残念ながら、メダルを手にした事はありません……。
ここ2年は、仕事の都合で県大会を欠場していますが、出場した年は3大会連続優勝を果たしています。
ちなみに、日本酒に使う岩手オリジナルの酵母「ゆうこの想い」の名付け親です。
詳しくは、「岩手県酒造組合」のページでどうぞ↓(パソコン版のみですが…)
http://www.ginga.or.jp/~syuzou/news/index8.html
どうしても日本酒好きというイメージで見られますが、ビールもワインも好きで飲みます!
もちろん、休肝日は、週に3日程度をキープ(^-^)v♪……するよう頑張ります(笑)。
これが苦手です
  • ビールを飲んでいる時のエビ料理
  • 日本酒を飲んでいる時の唐辛子入りの料理
  • たばこの煙
  • 行列に並んでの買い物や飲食
  • 交通渋滞
  • 結論を後回しにしての長い話
  • 改行や段落のない文章
  • クーラーの効きすぎた部屋
  • 硬い枕
  • ブラックコーヒー
唯一の海外出張
国内での取材は、北は北海道(スキー取材)から南は沖縄(プロ野球キャンプ取材など)まで行きましたが、海外取材は1回のみ。
行った国は……北朝鮮です。
金正日総書記体制になった後にスポーツイベントが開催された際、日本から平壌への直行便が飛びました。そこで、北朝鮮を取材。スポーツイベントだけではなく、北朝鮮の人々の暮らしも取材しました。
特に思い出深い仕事
★東日本大震災取材★
生まれ育った三陸が一瞬にしてその姿を変え、多くの方が犠牲になりました。
ふるさとの街の思い出の場所や風景、そして親族・友人……決して元に戻らなくなってしまったものも 多くあります。
しかし、また三陸が一日も早く輝きを取り戻す日が来る事を信じて報道に携わっていきたいと思っています。

★花巻東高校と菊池雄星投手の密着取材★
2009年の高校野球で最も甲子園をわかせた花巻東高校……春の選抜では準優勝。
夏の甲子園はベスト4と、岩手の高校野球の歴史を塗りかえました。
この年は、ずっと彼らに密着して取材を行った他、菊池雄星投手(現・西武)の日米争奪戦から涙の会見、そしてドラフトや西武入団など、日本の野球界で最も注目を浴びた出来事に携わっていたことが思い出に残っています。
  • 時には、魚を丸々一匹買って来て、三枚におろして刺身盛りにすることも♪

  • 岩手県代表として出場した2011年の全国きき酒選手権大会で第4位!
    惜しかった…。

  • 雪の季節は、岩手の冬を堪能♪